• ホーム
  • 芸能
  • イルミネーション最新作『グリンチ』吹替え追加キャスト 『ぎぼむす』注目子役も出演

イルミネーション最新作『グリンチ』吹替え追加キャスト 『ぎぼむす』注目子役も出演

 「ミニオン」シリーズや『ペット』『SING/シング』など多くのヒット作を手がけるイルミネーション・エンターテインメントの最新アニメーション映画『グリンチ』(12月14日公開)で日本語吹替えを務める追加キャストが7日、発表された。女優の、お笑いトリオ・ロバート秋山竜次、子役の横溝菜帆ちゃん、声優の宮野真守、とバラエティー豊かで豪華な面々がそろった。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、絵本作家ドクター・スースの名作でアメリカではサンタクロースに並ぶ“クリスマスの代名詞”とも言われる国民的キャラクター『グリンチ』をアニメ映画化。グリンチ役の吹替え声優には俳優・大泉洋の起用がすでに決定している。

 つぶらな瞳が超キュートな幼少期のグリンチ(ベイビーグリンチ)から、すっかりひねくれてしまった大人の「グリンチ」。洞窟の中で暮らし、愛犬マックスの献身的な愛にもぶっきらぼうに対応し、山麓の村人たちにいじわるをしては楽しんでいる。とにかく不機嫌で孤独なグリンチはやがて、村中のみんなが大好きな“クリスマス”を盗むという、とんでもない計画を立ててしまう…。小さい頃はあんなにかわいかったのに、大人になるまでに一体何があったのか、そしてグリンチのとんでもない計画はどうなるのか…。

 杏は今回、ハリウッドアニメ―ションの吹替え初挑戦となり、双子の赤ちゃんと娘のシンディ・ルーを育てる母親・ドナ役を務める。ドナ役は実際に双子の子どもを育てる杏しかいない!と満場一致でオファーが実現。実際に吹替えに挑戦した杏は「いろんなテイクの中でほぼ一発OKだったのが、双子がお皿をひっくり返してしまうシーン。『はあ』とため息が一回でOKが出たので、そんなにリアルだったのかと感じました(笑)」と実体験を感じさせる一幕もあった模様。

 ロバート秋山は、クリスマスが大好きな陽気な隣人で、グリンチのことを親友だと思っているブリクルバウム役。「役作りとして、この夏はセーターで過ごしました!」と明かしており、コントなどで見せる多彩な役作りが本作でも発揮されるのか注目だ。

 村に暮らす少女のシンディ・ルーを演じる菜帆ちゃんは、放送中のTBSドラマ『義母と娘のブルース』で主演・綾瀬はるかの義理の娘(幼少期)を演じ注目を集めた。「アニメーション映画のアフレコは初めてなので、とってもドキドキしています。シンディ・ルーは、正義感が強く、とても思いやりのある女の子です。みなさんに楽しんで観てもらえるように、私もシンディ・ルーになりきって、頑張ります!!」と初々しく意気込んでいる。イルミネーション、ユニバーサルスタジオの厳しい審査を経て役を獲得した演技力に期待が高まる。

 宮野は、ひねくれもののグリンチを全編にわたって常に温かく見守る天の声(ナレーター)として出演。「僕が担当させていただく『ナレーター』は、作品において、とても重要なポジションだとお伺いしました。大事な役割を任せていただき、心より光栄です」とコメント。また、「とても緊張しますが、この素敵な世界観を、しっかり表現できるよう臨みますので、是非、映画の公開を楽しみに待っていてください!」と呼びかけている。



関連写真

  • (左から)宮野真守、杏、ロバート秋山、横溝菜帆ちゃん=アニメーション映画『グリンチ』(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS
  • ドナ=アニメーション映画『グリンチ』(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS
  • ブリクルバウム=アニメーション映画『グリンチ』(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS
  • シンディ・ルー=アニメーション映画『グリンチ』(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS

オリコントピックス