アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • TBS『時事放談』終了で旅番組スタート テレ朝との差別化図る「違うタッチのものを」

TBS『時事放談』終了で旅番組スタート テレ朝との差別化図る「違うタッチのものを」

 TBSは6日、都内の同局で秋の番組改編説明会を行い、30日をもって終了する政治討論番組『時事放談』(毎週日曜 前6:00)に代わって旅番組『じょんのび日本遺産』を放送することを発表した。

 1957年に放送が開始された『時事放談』は87年にいったん放送を終了。その後2004年に復活を果たし、現在は御厨貴・東大名誉教授が司会を務め毎回、政財界のトップが議論を展開してきた。

 10月7日スタートする『じょんのび日本遺産』は、新潟の方言『ゆったり、のんびり』を表す“じょんのび”のように、ナタリー・エモンズダンテ・カーヴァー、サヘル・ローズを旅人に文化遺産をゆったりのんびり巡り、インターナショナルな目線で歴史的な魅力や特色を通して文化・伝統を再発見していく。

 高梨史憲編成部長は「『時事放談』は権力をチェックするという意味でも大事な番組。いったんなくなった理由として裏にテレビ朝日さんが報道番組を生で開き始めました(『サンデーLIVE!!』)。そこに対してうちは違うタッチのものをやっていこうと」と終了理由を説明。

 「旅番組は手堅く結果を出してくソフト。そこで日曜日の入り口の数字をあげて大看板番組で権力をチェックする『サンデーモーニング』(前8:00)に良いパスをわたすために編成させていただいた」と期待を寄せた。
 
 なお、同局秋の改編率は全日6.24%、ゴールデンタイム(午後7時から午後10時)18.10%、プライムタイム(午後7時から午後11時)23.93%。



関連写真

  • ダンテ・カーヴァー(C)ORICON NewS inc.
  • TBS10月期番組改編説明会より(C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス