アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 舘ひろし、モントリオール映画祭で最優秀男優賞 会見で喜び爆発「感謝の気持ちでいっぱい」

舘ひろし、モントリオール映画祭で最優秀男優賞 会見で喜び爆発「感謝の気持ちでいっぱい」

 俳優の舘ひろし(68)が、6月に公開された主演映画『終わった人』(英題『LIFE IN OVERTIME』)で、『モントリオール国際映画祭』ワールド・コンペティション部門で最優秀男優賞を受賞(現地時間3日夜)。これを受けて4日、都内で行われた会見に出席した舘は「本当にありがとうございます。自分の芝居で、最優秀男優賞なんてものをいただけるとは43年間やってきて思ったことは一度もなくて、本当なのかなという気持ちとどうなっているんだっていうのが正直なところでございます。良かったです」と喜びをかみしめた。

 1999年の『鉄道員』で高倉健さんが受賞して以来の快挙。「高倉さんはずっと大スターなので私なんぞと一緒に…。でも、同じ賞を受賞できて光栄です」と謙そん。「芝居には全く自信がないままできました。この賞がいただけたのは、きっと中田(秀夫)監督の演出だったり、内館(牧子)先生の原作、一緒にやってくれた黒木(瞳)さんだったり、ほかの俳優さんたちが僕をそこへ持っていってくれんじゃないかなと感謝しています」と言葉に力を込めた。

 受賞を知った時の状況については「きょうの午前中ですね、10時半くらいですか。アシスタントから電話がかかってきて、本当は(定期検診で)病院に行くはずだったので、それを忘れていたことと、そのついでに『モントリオールでもらった』ということを聞きました」とにっこり。「連絡しようと思ったら、すぐに渡(哲也)から連絡がありまして『おい、お前良かったな』というふうに言われました。いつも『それ以上、うまくなるな』と言われていたものですから、この賞をもらって怒られるのかなと思ったのですが『おめでとう』と言われました。うれしかったです。今ここに立っていられるのも、渡がずっと支えてくれていたからかなと感謝の気持ちでいっぱいです」と語った。

 渡からの芝居の助言の真意については「『小芝居はするな』というか、先代の石原裕次郎さんもそうだったんですけど、言い換えれば『人生丸ごと演じてしまえ』というか、ほかに上手い人はいっぱいいるので、自分の存在で芝居をしていけということなんじゃないかと思います」と推察。「受賞の決め手はどこだと思いますか?」との質問には「まったくわかりません(笑)。ただ、現場がすごく楽しくて、その楽しさはきっと伝わったのかな。こんなに信用できない俳優はいませんけど、この賞で『終わってない』ことを証明できたかな」と笑わせていた。

 同作は、定年を迎えて世間から“終わった人”と思われるようになった元銀行マンの田代壮介(舘)と、かつての輝きを失った夫と向き合えない美容師の妻・千草(黒木瞳)の笑って泣けるコメディー。今回、モントリオール映画祭の審査員から「作品としては現代社会の変化をうまくとらえて描いていてとても良かった。1960年代の『砂の女』(勅使河原宏監督)を思い出した。舘さんが定年前から定年後の主人公の心情の変化を見事に表現していた。主人公が人生にくたびれた人物から、モダンに変化していく様は素晴らしかった」との評価を受けた。

 受賞を受けて、中田秀夫監督と原作者の内館牧子氏からもコメントが寄せられた。

■中田秀夫監督
舘さん、モントリオール世界映画祭での、最優秀男優賞の受賞たいへんおめでとうございます。
名作映画を沢山ご覧になっている舘さんと、クランクイン前に、『アバウトシュミット』のニコルソンのお腹について語ったり、『夫婦善哉』の森繁さんの身体のキレなどを楽しく話し、また現場でも、そうした“映画的記憶”を掘り起こしながら、エンタメであり、かつ“リアルな人生”を感じさせる場面、映画をと、懸命に考えてくださった、舘さんならではの受賞だと思います。
ご一緒できて光栄でした。
改めて、すべてのスタッフを代表して、感謝とお祝いを述べさせていただきます。

■内館牧子氏
舘さん、今、仕事部屋で一人で乾盃しています。
あのしょぼい定年オヤジ役をよくぞ引き受けて下さいました。誰もが「あの舘ひろしがこんな役を?!」とのけぞったのです。
なのにお腹にアンコを入れ、メタボ気味のフツーのオヤジの哀愁をみごとに表現して下さって、原作者として感動しました。それが世界で認められ、誰もが舘ひろしの俳優力を再認識したでしょう。今度はみんなで乾盃を必ずね!



関連写真

  • モントリオール映画祭で最優秀男優賞を受賞した舘ひろし (C)ORICON NewS inc.
  • 花束を手に喜びを語った舘ひろし (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス