• ホーム
  • 芸能
  • 米倉涼子、髪バッサリ20センチ 元弁護士役の新作ドラマで「ドクターX」から脱却

米倉涼子、髪バッサリ20センチ 元弁護士役の新作ドラマで「ドクターX」から脱却

 女優の米倉涼子が、「人生最短」となる髪を約20センチもカットして、かつてない“グレーなヒロイン像”に挑む新作ドラマ『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』が、10月クールのテレビ朝日系木曜ドラマ枠で放送される。米倉の代表作となった『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』全5シリーズを放送していた枠で、今回は弁護士資格を剥奪された“元”弁護士を中心に繰り広げる新感覚のリーガルドラマとなる。

 米倉から「ぜひ新しい挑戦をさせてください、とお願いした」という同枠では6年ぶりとなる新作主演連続ドラマで、「プロデューサーさんが提示してくださった3つのタイトルの中から、『最後はVサインで終わりたいね』という願いも込めて選んだのが、この『リーガルV』です。せっかくの機会なので『ドクターX』のイメージを変えたくて、髪も約20センチ切り、人生最短にしました」と、並々ならぬ気合いの入れよう。

 「私自身にとっても、作品に関わってくださる皆さんにとっても、すごい挑戦になると思っていますし、今はドキドキしています。顔合わせでも、久々に目が回りそうなくらい緊張しました。でも、自分で言い出したことですし、最後まで頑張ります!」と意気込んでいる。

 先に発表されている、来年放送のドラマスペシャル 松本清張『疑惑』では、“現役”の敏腕弁護士を演じる米倉だが、『リーガルV』で演じる小鳥遊翔子(たかなし・しょうこ)は、とにかく自由奔放で、資格を剥奪される前は「上司を殴ったらしい」「暴力団とつるんで恐喝していたらしい」など黒い噂もまことしやかにささやかれている、何だかヤバそうな人物。そんな、正体不明でスキャンダラスな元弁護士がどんなに不利な訴訟でも“V”ictory=勝利を手にするため突き進んでいく。

 その方法がまたグレー。ペーパー弁護士の大学教授に法律事務所を開かせた上に、もっともらしい嘘八百を並べて“ワケありの弁護士やパラリーガル”をスカウト。悪魔のような傍若無人ぶりで彼らをこき使い、自分は弁護士資格がないことを理由に何もしない。その反面、法律を利用してズルをする人間や、法律に甘えようとする人間を許さないという矜持もあり、本当に困っている依頼人を見分ける眼を持つ。

 「小鳥遊翔子はすごく自由な女性なので、事前にキャラを固めず、その時々で思ったことをやってみようかな、と思っています。実際に台本の読み合わせでも、違和感なく思ったことを口にできる感覚がありましたし、皆さんとの掛け合いもすごく楽しかったので、いい意味でラクに演じていけそうな気がしました。と同時に、演じる側の自分たちだけが気持ちよくならないよう気を付けたい、とも思っています」と、間もなく始まる撮影に向けて気を引き締めた。

 実は、翔子は劇中の刑事ドラマ『現場百回!』と鉄道が大好きという設定があり、「今回、一番ハードルが高いのは“鉄道が大好き”という設定(笑)。私自身は“体を動かすことが好きなインドア派”ということもあって、“各地で鉄道に乗って駅弁を食べること”の本当の楽しさをまだ知らないので、突き詰めていきたいです。これは、自分でも意外な初挑戦ですね(笑)。実は今月頭に、鉄道マニアだという安住紳一郎アナと一緒にロケをしたとき、すごくうれしそうに鉄道について話していたんですよ! あのご様子を今回ぜひ参考にさせていただきたい、と思います(笑)」と、話していた。

 そんな翔子の前に立ちはだかるのが、大手法律事務所。民事訴訟を中心に厄介な案件が次々と舞い込む中、超エリート弁護士らを相手に、翔子率いる弱小弁護士集団は勝利できるのか!? さらに「行列のできる法律事務所を作りたい」、「人を救うのに資格はいらない」と豪語する翔子の真意、弁護士資格を剥奪された理由とは一体!? 思わずニヤリとする軽快な描写の中に、一筋縄ではいかない人間ドラマをはらんだ法廷劇が今秋、開廷する。

 米倉は「新しい挑戦に向け、私自身はまだまだ緊張感の中に身を置いていますが、視聴者の皆さんには『なんだか自由で楽しいな』と思っていただけるドラマを目指しますので、ぜひ見ていただきたいです」と、呼びかけていた。



関連写真

  • 米倉涼子、髪を20センチカットして気分一心。『ドクターX』のテレ朝木曜9時枠で“新作”主演連ドラに挑む。『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』10月スタート(C)テレビ朝日
  • 美脚見せは変わらず?(C)テレビ朝日

オリコントピックス