• ホーム
  • 芸能
  • 関智一、『コミケ』初サークル参加へ意気込み “声優裏事情”本は「実体験などギリギリ攻めた」

関智一、『コミケ』初サークル参加へ意気込み “声優裏事情”本は「実体験などギリギリ攻めた」

 人気アニメ『ドラえもん』の骨川スネ夫、『機動武闘伝Gガンダム』のドモン・カッシュなどを担当し、主役はもちろん作品に欠かせないキャラクターを数多く演じてきた声優・関智一。そんな彼が、10日から12日まで東京ビッグサイトで開催される『コミックマーケット94』にサークルとして初参加し、男性声優を題材とした同人誌を出すことを7月に発表した。「実体験や聞いた話を元にギリギリを狙った」「新人声優の仕事が軌道に乗るまでの過程を描いた」など、コミケに参加する目的と意気込みを語ってもらった。

関智一、夏コミに初サークル参加 同人誌『声優の裏事情』を鋭意製作中 売り子でも登場


■コミケ参戦は1年前から構想 「浅野真澄ちゃんが踏み込まなかったところを攻める」

 声優がコミケにサークルとして参加するのは珍しいが、参加するきっかけは何だったのか。「声優仲間の浅野真澄ちゃんですね。彼女は旦那様でもある漫画『ハヤテのごとく!』で知られる畑健二郎さんとコラボして、女性声優を中心としたあるあるネタが題材の同人誌『それが声優!』をコミケで出しています。その本に、ゲストとして僕も登場していて、そのインタビューを受けた際に『面白いから関さんもやってみたら?』と勧められたのがきっかけです」と告白。

 「僕は漫画家さんのお知り合いはいるのですが、共同で気軽に考えてくれるが方が周りにいなくて。『漫画を描いてくれる人いないな〜』と思っていたのですが、去年の夏の『ワンダーフェスティバル』に来ていた漫画家のconixさんに話をしたら、『やりたい!』と言ってくれて今回、参加することになりました」と、1年前から構想を練っていたという。

 コミケ自体は、去年の冬に訪れたそうで「ちゃんと訪れたことがなかったので、どういう雰囲気なのかconixさんと視察しました。知り合いのブースを周って、具体的なイメージが湧いてきました。そこから、浅野真澄ちゃんが作った『それが声優!』にあやかって『男性声優版』をやることに決めました(笑)。監修自体は、キャラクター作りとネタの提供を主に担当して、それをconix先生が作画する感じです。僕の実体験や聞いた話を元にギリギリを狙って、浅野真澄ちゃんが踏み込まなかったディープなところも攻めています(笑)」とアピールした。

■ネットで騒がれている“暴露本”説は否定 「新人男性声優と先輩の人間関係を描く」

 男性声優を題材にした声優の裏事情を描いた同人誌『声優の裏事情』を出すということで、一部ネットでは「関さんの本だから大変な暴露本になるぞ!」などと騒がれていたが「人を傷つけるような暴露本じゃないので、楽しく読めるような仕上がりになっています」と『◯◯と◯◯は実は仲が悪い』など、ファンが思っているような暴露本ではないと否定。「裏側にも色々あって、声優さんが普段どういう努力をしているのか、そこに『色っぽい話もあるかもね!』程度です」とニヤリ。

 「主人公は声優の卵である男の子。その子のサクセスストーリーを4コマ漫画にしています。僕がモデルではなく、僕は別に出てきます。プロの世界の入り口に足を踏み入れた子が、どう揉まれるのか。先輩と後輩の関係性など人間関係にスポットを当てて、『仕事が軌道に乗るまで何があるのか』を男性声優の目線で描きました」と見どころを教えてくれた。

 また、声優業界本以外にも自身が描いた同人誌を出すそうで「昔あった『藤子不二雄ランド』に似たパッケージで『関智一ランド』というのも出します。こどものころに書いた絵日記や漫画、描き溜めていたイラストを同人誌にしたもので、これは僕がコミケを楽しむだけに作ったもの(笑)。文化放送の『ユニゾン!』で話題に出た、妖怪漫画『天狗伝説』第1話も収録しています。こちらはピュアが詰まってますね」とアピール。

 『天狗伝説』は小学生のころに描いた物が残っており、それを小出しに連載していくそうで、「今回のコミケが成功すれば続編を描きたいですね。ストックは7話あるのですが、一度に全部載せると分厚い同人誌になってしまうので、売れ行きを見て1話ずつ載せていこうかなと。これから3年くらいは、コミケに参加できる計算になります(笑)」と明かした。

■去年発売の声優アドバイス本はキャリアからの使命感

 同人誌を描くきっかけは浅野真澄の影響であることを話したが、ここまで漫画を描くきっかけは何だったのだろうか。「こどものころなりたかった職業は、声優ではなく漫画家だったんですよ。漫画を仕事にすることはできませんでしたが、声優と漫画は業界的に近い。せっかくの機会なので、僕が描いた物をファンに手わたしてリアクションを見たいのもあって今回、頑張りました」と振り返った。

 関と言えば昨年、声優を目指す人に向けたアドバイス本『声優に死す 後悔しない声優の目指し方』(KADOKAWA)を出版しており、同人誌の“声優”とテーマが共通している。「あれは養成所の選び方など声優を目指すまでの過程を描きました。今回は業界に入った後のお話です」と説明。最近、声優が本を出すことについて「出版業界の方から求められている気はしますが、もちろん出すにあたって各自伝えたいことがある。僕の場合は話をいただいた時、この歳になって感じたことや経験したことを『そろそろ後輩に伝える義務があるのではないか』という使命感みたいなのがありました」と告白。

 一方、今回のコミケ参加にもそんな使命感があるのか聞いてみたが「いえいえ、単純にコミケを楽しみたい一心で参加しています」と一笑。「使命感はなく、ただ、面白いことをしたいなと。コミケに来ている方々と同じ気持ちですね。この夏は漫画家気分を味わいたいだけです(笑)」と語った。

 今年のコミックマーケットは、10日〜12日まで東京ビッグサイトで開催。関のサークルは12日の西館あ43で、同人誌『声優の裏事情』と『関智一ランド』のほかトートバッグやTシャツなどのグッズも販売する。



オリコントピックス