アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 徴収税金2000億円以上の伝説Gメン、差し押さえ時の“忖度”を激白「不公平甚だしい」

徴収税金2000億円以上の伝説Gメン、差し押さえ時の“忖度”を激白「不公平甚だしい」

 タレントの坂上忍がMCを務める『金曜プレミアム 実録! 金の事件簿』が29日(後7:00〜9:55)に放送。「お金にまつわる悪い奴ら、ズルい奴らを徹底的に追い詰める」をテーマにした同番組も第4弾となるが、今回は“伝説のGメン”堀博晴氏がスタジオ初出演を果たす。

【写真】その他の写真を見る


 20年間で関わった税金の徴収総額は2000億円以上という堀氏だが、滞納者が区長や、暴力団の組長だったこともあったといい、彼らからどうやって多額の税金を取り返したのかを実体験をもとに紹介。さらに「徴税吏員は、みんな頑張っているんだけど、職員の仕事を邪魔する上司がいるというケースがけっこうあるんです。せっかく職員が滞納者から財産を差し押さえたとしても、その滞納者が『何とかしてくれ』と言うと『差し押さえを解除してあげなさい』という上司がいる」と激白する。

 本当の敵は滞納者以外にいたようで、税金を納めさせるために差し押さえに行っても“忖度”が働いて「差し押さえを解除せよ」と命じられることがあったと打ち明ける。「市長、町長や職員の直属の上司たちもそうです。『知り合いだから、ちょっと待て』とか忖度して…不公平甚だしいですよね。税の公平性を守るのが、公務員としての仕事なので、そこは強く訴えたいです。今でもそういうことがあるんですよ」と語った。

 坂上は、堀氏の印象について「初めてお会いして、普通にいい人だなと思いましたが、仕事ではガラっと変わるんでしょうね。いい人では絶対に勤まらない、厳しいお仕事だと思いますので。(滞納者に)あんな殴られ方されたら、やり返すこともできないわけで、精神的にも鍛えられるなと。一方で、情に流されてではなく、結果的に人助けになっているケースもあるわけで、お話がリアルでしたよね。生の声って強いと思います」とコメント。「この番組の特徴ですが、身近に起きることなんだけどタチが悪い、許せないというのがそろっている。毎回、人間の良い部分も悪い部分も見られてためになります」と呼びかけた。

 番組ではそのほか、家賃回収のプロの密着、送り付け詐欺で逮捕・起訴される男女の追跡などを実施。坂上とともにMCとしてフジテレビの伊藤利尋アナ、海老原優香アナ、ゲストには、あき竹城、岡本夏美、篠原信一、浜谷健司(ハマカーン)、森脇健児らが出演する。



関連写真

  • 伝説のGメン・堀博晴氏が29日放送の『金曜プレミアム 実録! 金の事件簿』に出演(C)フジテレビ
  • 29日放送の『金曜プレミアム 実録! 金の事件簿』の模様(C)フジテレビ
  • 29日放送の『金曜プレミアム 実録! 金の事件簿』の模様(C)フジテレビ
  • 29日放送の『金曜プレミアム 実録! 金の事件簿』の模様(C)フジテレビ

オリコントピックス