• ホーム
  • 映画
  • TAKAHIRO&夏帆、震災テーマの映画出演で感謝「日本人として色んなことを学べた」

TAKAHIRO&夏帆、震災テーマの映画出演で感謝「日本人として色んなことを学べた」

 EXILETAKAHIROと女優の夏帆が24日、都内で行われたショートフィルム『カナリア』舞台あいさつに松永大司監督とともに出席。東日本大震災をテーマにした映画で、3人は福島の現状について語った。

【写真】その他の写真を見る


 TAKAHIROが担当した役はせりふが少なく「ここまでせりふがない役は初めてで、せりふがないところでどういう表現をするのか考え、役者としてスタート地点に立たせていただきプレッシャーがすごくありました」と撮影を振り返った。

 東日本大震災をテーマにした作品で、福島で撮影を行っており、TAKAHIROは「町も建物もそうですが、時間が止まっていて、場所の重たさというのを肌で感じました。ああいう場所でカメラの前に立たせていただくことはなかなかない。日本人としていろんなことを学べて、今一度、日本の現状を知ることができてよかった」と告白。

 当時の話を聞くこともできたそうで「震災にあわれた時の雰囲気や体験を聞かせてもらいました。恥ずかしながら、映画の話を聞いているような内容で、耳を覆いたくなるようなことを笑って話していて、すごく人の強さを感じた。その中で、被災された方々がこの映画に協力的で、心に染みました」としみじみと語った。

 夏帆も「東京で日々生活をしていて、震災のことを忘れたわけではないですが、震災のことを考える時間が少なくなっているのは確か。福島へ行き、震災が残した爪痕の深さに気付いて決して風化させてはいけないと思いました」と伝えた。

 ロケ場所を探している際、役所関係者から感謝の言葉をいただいたという松永大司監督は「帰還困難区域に入ってちゃんと撮影した作品はなかったみたいで。『(題材にしてくれて)ありがとうございます』と言われた時に、いろんな想いが込み上げてきた。中途半端な物は作れないと」と力を込めた。

 同作は、6つの詩から生まれた6つの新たな楽曲、その世界観を6人の監督がショートフィルムで映像化した映画『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』の一作。舞台あいさつには、俳優として参加した映画監督の塚本晋也も登壇した。



関連写真

  • ショートフィルム『カナリア』の舞台あいさつに登壇したTAKAHIRO (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)松永大司監督、夏帆、TAKAHIRO、塚本晋也 (C)ORICON NewS inc.
  • ショートフィルム『カナリア』舞台あいさつに登壇した(左から)夏帆、TAKAHIRO (C)ORICON NewS inc.
  • ショートフィルム『カナリア』舞台あいさつに登壇した夏帆 (C)ORICON NewS inc.
  • ショートフィルム『カナリア』舞台あいさつに登壇した(左から)TAKAHIRO、塚本晋也 (C)ORICON NewS inc.
  • ショートフィルム『カナリア』舞台あいさつに登壇した夏帆 (C)ORICON NewS inc.
  • ショートフィルム『カナリア』舞台あいさつ登壇者(左から)松永大司監督、夏帆、TAKAHIRO、塚本晋也 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス