アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • 大塚剛央&豊永利行、日テレ・森圭介アナのナレーション絶賛「声優顔負けでした」

大塚剛央&豊永利行、日テレ・森圭介アナのナレーション絶賛「声優顔負けでした」

 声優の大塚央、豊永利行が20日、都内で行われた『風が強く吹いている』テレビアニメ化発表会見に、日本テレビの森圭介アナウンサーとともに出席。箱根駅伝をテーマにした同作の魅力などを語った。

【写真】その他の写真を見る


 同アニメは、直木賞・本屋大賞受賞作家の三浦しをん氏が、国民的スポーツ「箱根駅伝」に挑む大学生たちの姿を描いた同名の青春小説が原作。主人公の1年生・蔵原走役を大塚、走を駅伝に誘う4年生・清瀬灰二役を豊永が担当する。

 実際の箱根駅伝で実況を務める森アナウンサーは、作品の魅力について大塚に質問すると「走るというのはシンプルなものなのですが、それだけで色んなことを感じられる作品になっている」とアピール。

 予選会から本戦まで綿密に取材を行って今回のアニメ化となっており、豊永は「裏の部分を描くというのも魅力の一つで、一味違ったチームワークのスポーツアニメになるんじゃないかと思っていて楽しみです」と伝えた。

 夢中になったことを聞かれ、小学校から高校までサッカーをやっていた大塚は「トレーニングで長距離走をやるのですが、内心は『早くボール蹴りたいな』と思っていたり集中できなかったですね」と笑わせた。

 会見では第1弾PVや設定画が公開。PVを見て豊永は「このPVのナレーションは良い声ですね。どなたがやったのですか?」と森に質問すると「恥ずかしながら私が担当しました!」と告白。驚く2人に森は「お二人の前で声を出すなんて、穴があったら入りたいくらいです。本物の箱根駅伝の時よりも力を入れてやりました」と笑わせ、大塚は「声優さん顔負けでした」と絶賛した。

 また、追加キャストも発表され、杉山高志役を内山昴輝、柏崎茜役を入野自由、城太郎役を榎木淳弥、城次郎役を上村祐翔、岩倉雪彦役を興津和幸、ムサ・カマラ役を株元英彰、坂口洋平役を北沢力、平田彰宏役を星野貴紀が担当する。

 10月より日本テレビ、BS日テレほかで放送される。

■スタッフ情報
監督:野村和也
シリーズ構成・脚本:喜安浩平
キャラクターデザイン:千葉崇洋
アニメーション制作:Production I.G



関連写真

  • 森アナを絶賛した(左から)豊永利行、大塚剛央 (C)ORICON NewS inc.
  • 『風が強く吹いている』テレビアニメ化発表会見に出席した森圭介アナウンサー (C)ORICON NewS inc.
  • 『風が強く吹いている』テレビアニメ化発表会見に出席した(左から)豊永利行、大塚剛央 (C)ORICON NewS inc.
  • 『風が強く吹いている』テレビアニメ化発表会見に出席した豊永利行 (C)ORICON NewS inc.
  • 『風が強く吹いている』テレビアニメ化発表会見に出席した大塚剛央 (C)ORICON NewS inc.
  • 『風が強く吹いている』テレビアニメ化発表会見に出席した大塚剛央 (C)ORICON NewS inc.
  • 『風が強く吹いている』テレビアニメ化発表会見に出席した豊永利行 (C)ORICON NewS inc.
  • 『風が強く吹いている』テレビアニメ化発表会見に出席した(左から)豊永利行、大塚剛央 (C)ORICON NewS inc.
  • 『風が強く吹いている』テレビアニメ化発表会見に出席した森圭介アナウンサー (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス