アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • “パーフェクトな執事”上川隆也、クランクアップ「どこからか、また…」

“パーフェクトな執事”上川隆也、クランクアップ「どこからか、また…」

 テレビ東京で放送中の金曜8時のドラマ『執事 西園寺の名推理』の最終回が8日(後8:00〜)に放送される。“パーフェクトな執事”西園寺一(さいおんじ・はじめ)役で主演する上川隆也をはじめ、奥様・百合子役の八千草薫らがクランクアップした時のコメントが到着した。

 洗練された執事姿に視聴者から「はまり役」と絶賛されている上川は「撮影期間2ヶ月半。もっと短かった様にも、それ以上に長かった様にも感じます。それくらい密度の高い、思い入れの深い、そして楽しい撮影でした。最終話が来て、物語の幕が下りるのは仕方の無い事です。でも。どこからかまた、西園寺の叩くノックの音が聞こえて来る日を、僕は待っています」と、続編への期待を語っている。

 八千草は「上川さんは、西園寺と似ている所があって、普段もきちっと礼儀正しくて、言葉遣いも西園寺をそのまま受け継いでいるみたいに、すごく丁寧な方でした。とっても気遣いしてくださって…だから寂しいですよね。これからもずっと守ってもらえるといいのに」と、別れを惜しんだ。「3話で、百合子が誘拐されて、助けに来た西園寺が“お姫様だっこ”するシーンがあったのですが、すごく恥ずかしかったです(笑)。後から画面で見て、すごいことだったんだなと思いました」と、振り返っていた。

 西園寺とともに、百合子に仕えるメイドの美佳役を演じた岡本玲は「また西園寺さんに会えるといいな〜、また奥様にお仕えしたいな〜。その時が来ることを願って、精進したいと思います」とコメント。同じくメイドの明美役で出演した池谷のぶえも「西園寺さんの過去がまだ謎めいているので、またいつか知る機会もあるのでしょうか? 楽しみです」と、気持ちは上川と一緒。

 新米執事・慎次役の浅利陽介は「このレギュラー陣の方々とはまた共演させていただきたいです。同じ空間、同じ場面に一緒にいたときにとても納まりがいいなと思いました。悪目立ちせず、でも、それぞれの個性がにじみ出てて、役の振り幅を感じ取る品格ある皆さんとドラマを作れてとても楽しかったです。僕を選んでいただきありがとうございましたっ!」と感謝していた。



関連写真

  • 金曜8時のドラマ『執事 西園寺の名推理』6月8日が最終回(左から)浅利陽介、八千草薫、上川隆也、岡本玲、池谷のぶえ(C)テレビ東京
  • 金曜8時のドラマ『執事 西園寺の名推理』6月8日が最終回(第8話)(C)テレビ東京

オリコントピックス