アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 錦織一清「自分を見つけて」と後輩へアドバイス、演出舞台での成長に期待

錦織一清「自分を見つけて」と後輩へアドバイス、演出舞台での成長に期待

 少年隊錦織一清が8日、自身が演出を手掛けるミュージカル『GRIEF7』(グリーフセブン)の製作発表会に出席した。同作品は七つの大罪をテーマとしたオリジナルストーリーで、若者6人の心の葛藤をミュージカルで描いていく内容。会見場で錦織は後輩たちに向けて「自分を見つけてほしい」とエールを送った。

 これまでにも『寝盗られ宗介』『グレイト・ギャッツビー』など、数々の舞台やミュージカルを手掛けてきた錦織は、同作品について「人間というのはどこか欠落した部分があると思っています。このミュージカルは、欠落した人間同士が紆余曲折を経て話し合い、成長していくというストーリー。そういうダークサイドな部分をミュージカルという鮮やかなものでどう演出していくか。これが僕の中でテーマになっています」と意気みを語った。

 また、出演者にはカラム(大国男児)、碕理人SHUN(Beat Buddy Boi)、三浦海里加藤良輔米原幸佑と個性豊かでフレッシュなキャストが名を連ねる。錦織はこれら若手俳優へ期待することとして、「オリジナル作品だから、役作りはしなくていい。それよりも、とにかく“自分”を見つけてほしい」とコメント。これまで数多くの後輩と共演を重ねてきた錦織は、どうしても“役に変わろう”と意識をしすぎる若手たちの姿を多く見てきたのだという。「それが演技への弊害になっている気がして仕方がない。もちろん役作りをしっかりする芝居もあるだろうけど、それはちゃんとした先生のところでやってもらって(笑)。僕のところでは自由に楽しく自分を見つけてほしい」と出演する後輩俳優たちに期待を寄せた。

 同舞台は、7月26日(木)から7月31日(火)まで東京・俳優座劇場にて上演される。原作は『竹久夢二のすべて』や『猫と裁判』などで知られる野村桔梗、脚本は『Club SLAZY』シリーズで知られる三浦香が担当する。



関連写真

  • 製作発表会に出席した(左から)SHUN、加藤良輔、カラム、米原幸佑、碕理人、錦織一清 (C)oricon ME inc.
  • ミュージカル『GRIEF7』の製作発表会に出席した、少年隊の錦織一清 (C)oricon ME inc.
  • 舞台への意気込みを語る、大国男児のカラム (C)oricon ME inc.

オリコントピックス