• ホーム
  • 芸能
  • 剛力彩芽、ヅラとメガネでまさかの“ミタゾノ化”

剛力彩芽、ヅラとメガネでまさかの“ミタゾノ化”

 TOKIO松岡昌宏主演のテレビ朝日系金曜ナイトドラマ『家政夫のミタゾノ』の最終回(8日 後11:20※一部地域で放送時間が異なる)で、剛力彩芽演じる麻琴が“三田園さんスタイル”に大変身することが明らかになった。三田園のトレードマークでもあるセミロングのヅラに細い縁のメガネをかけた麻琴がさっそうと登場し、家事を披露する。

 今作で三田園とバディを組まされてきた麻琴だが、昔は、大金持ちだったが、ある家政婦によって家庭を壊され、極貧生活に転落していたことが明らかになる。その家政婦とは、三田園だったのではないかという憶測が飛び交う中、麻琴は三田園を家政夫として自宅に招待。「麻琴は三田園に復讐しようとしているのでは!?」と、まさかの事態を想定したむすび家政婦紹介所のメンバーは、麻琴の家に駆けつけるが、そこで拘束されている三田園を発見する!?

 そこに麻琴の父・五味隆志(デビット伊東)が森田順子(若村麻由美)という女性を伴って帰宅。順子と結婚したことを唐突に報告する。驚く麻琴たちだったが、意外とあっさり順子を新しい母として受け入れる。しかし、順子が五味家に近づいたのには、ある思惑があった…。三田園のヅラとメガネを奪い麻琴が最後に企むこととは…。



関連写真

  • テレビ朝日系金曜ナイトドラマ『家政夫のミタゾノ』最終回(6月8日放送)剛力彩芽が“ミタゾノ化”(C)テレビ朝日
  • 家事スキルには自信があった麻琴だが…(C)テレビ朝日
  • 麻琴が最後に企むこととは?(C)テレビ朝日

オリコントピックス