• ホーム
  • 芸能
  • 玉山鉄二、赤塚不二夫役で「シェー!!」と新境地

玉山鉄二、赤塚不二夫役で「シェー!!」と新境地

 『天才バカボン』『おそ松くん』などの作品で知られ、今年没後10年を迎えるギャグ漫画の天才・赤塚不二夫さんと、その家族の話をドラマ化したNHK・土曜ドラマ『バカボンのパパよりバカなパパ』の第1回試写会が5日、東京・渋谷のNHKで行われ、赤塚不二夫役の玉山鉄二らメインキャストが勢ぞろい。「シェー!!」のポーズでドラマをアピールした。

【写真】その他の写真を見る


 同ドラマは、不二夫さんの一人娘・赤塚りえ子さんが書き記した同名書籍が原作。クラブの女性とつい浮気してしまうような、社会では典型的なダメな父親・赤塚不二夫が、なぜ、多くの人に愛され、慕われたのか。不二夫さんが考えていた「家族」の在り方を描き出す。劇中には、赤塚漫画のキャラクターたちも楽しげにアニメで登場する。

 試写会には、玉山のほか、不二夫の二番目の妻・眞知子役の比嘉愛未、不二夫の最初の妻でりえ子の母・登茂子役の長谷川京子、りえ子役の森川葵が出席。

 制作スタッフからは、“赤塚不二夫”を演じた玉山への絶賛の声が上がった。「不二夫先生の自己顕示欲と自己嫌悪を行ったり来たりしながら、笑いで理不尽をふっ飛ばしてくれる感じが、玉山さんの演技から感じられた」(制作統括・ADKアーツの佐藤啓氏)。

 「かっこいい役ではないが、突き抜けて、弾けた芝居を見せてくれて、新境地を開かれたのではないか、と感じるような良さがありました。浮気していた女の部屋から元妻と今妻の2人に連れ出されるシーンの玉山さんが非常に楽しそうで。赤塚不二夫さんはうらやましい男でもあった、そういうところが良く出ていた」(演出・NHKエンタープライズの伊勢田雅也氏)。

 少し照れた表情を見せてなら聞いていた玉山は「当初、お話をいただいた時、僕じゃないんじゃないのかな、と思って、首を縦に振ることができなくて」と逡巡したことを明かし、「それから自分なりに赤塚不二夫さんについて調べたり、ドキュメンタリーを見たりして、だんだん赤塚さんの生き方に憧れを抱くようになって。僕はどちらかというと空気を読んでしまうタイプで、それは何かを突き破ったり、はみ出たり、違和感を出すことを自然と避けている、今の日本の風潮に毒されているのかなって思うようになって」と出演を決心。

 いざ、撮影に入ると「心にブレーキをかけずに、何も考えないで、何かをすることに快感を覚えた自分がいた」と、玉山自身も一皮むけたよう。「不二夫さんのすばらしいところは人を博愛すること。金持ちも貧乏人もバカも天才も垣根を作らない人。この作品を見ていただいて、忘れてしまったものを、もう一度発見していただいて、自分なりに育んでいただければうれしい」とアピールしていた。

 NHK総合で放送される土曜ドラマ『バカボンのパパよりバカなパパ』は、30日の第1回のみ午後7時30分〜、第2回以降は、毎週土曜午後8時15分〜、全5回。



関連写真

  • 「シェー!!」ポーズをした(左から)森川葵、比嘉愛未、玉山鉄二、長谷川京子 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)森川葵、比嘉愛未、玉山鉄二、長谷川京子 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK土曜ドラマ『バカボンのパパよりバカなパパ』の試写会に出席した玉山鉄二 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK土曜ドラマ『バカボンのパパよりバカなパパ』の試写会に出席した比嘉愛未 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK土曜ドラマ『バカボンのパパよりバカなパパ』の試写会に出席した長谷川京子 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK土曜ドラマ『バカボンのパパよりバカなパパ』の試写会に出席した森川葵 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK土曜ドラマ『バカボンのパパよりバカなパパ』の試写会に出席した比嘉愛未 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK土曜ドラマ『バカボンのパパよりバカなパパ』の試写会に出席した長谷川京子 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK土曜ドラマ『バカボンのパパよりバカなパパ』の試写会に出席した森川葵 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK土曜ドラマ『バカボンのパパよりバカなパパ』の試写会に出席した(左から)森川葵、比嘉愛未、玉山鉄二、長谷川京子 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK土曜ドラマ『バカボンのパパよりバカなパパ』の試写会に出席した(左から)森川葵、比嘉愛未、玉山鉄二、長谷川京子 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス