• ホーム
  • 芸能
  • 沢尻エリカ、ドラマ『ハゲタカ』で綾野剛と3度目の共演「ついて行きます」

沢尻エリカ、ドラマ『ハゲタカ』で綾野剛と3度目の共演「ついて行きます」

 女優の沢尻エリカが、7月スタートのテレビ朝日系木曜ドラマ『ハゲタカ』(毎週木曜 後9:00)にヒロイン役で出演することが明らかになった。沢尻は同局の連続ドラマ初出演。俳優の綾野剛演じる企業買収者・鷲津政彦の前に最強の敵として立ちはだかるホテルウーマン・松平貴子を演じる。今年、芸能生活20年の節目の年に「とてもやりがいを感じています」と沢尻。「これまでは人間味があったり、破天荒だったり、という役柄が多かったので、まさに新たな一歩という気がしています」と大きな期待感を表している。

 原作は真山仁氏の経済小説。主人公の鷲津が“ハゲタカ”と激しいバッシングを受けながらも不良債権を抱えた“大銀行”や経営不振の“名門企業”へ次々と買収劇を仕掛け、鮮やかに勝利していく様を描き、ベストセラーとなった。

 今回のドラマで、沢尻が演じる貴子は、日光にある名門ホテル「日光みやびホテル」のオーナー一家に生まれながらも、大学卒業後は、東京にある大手外資ホテルでフロントマネージャーを務めていたところ、鷲津と出会う。不思議な縁で結ばれた貴子と鷲津は、後日意外な場所で再会。そして物語全編を通じて、買収者・鷲津の最強の敵へと成長していくことになる。

 綾野とは3度目の共演。2012年に公開された映画『ヘルタースケルター』(全身美容整形手術を施したファッションモデルの話)、そして15年公開の映画『新宿スワン』(新宿・歌舞伎町裏社会を描いた作品)と、どちらも衝撃的な題材と鮮烈なビジュアルで観客に強烈なインパクトを与えた。今作『ハゲタカ』では一転、企業買収者とホテルウーマンという、まったく違った関係性。

 沢尻は「綾野さんとのお芝居のときはお互いに意見を交換しながらやるのですが、今回はこれまでにないくらい真面目な役どころなので、最初のシーンでは逆にふたりで恥ずかしくなってしまった」と裏話を明かしつつ、「今まで表現したことのないお芝居や掛け合いが多い」そうで、新鮮な気持ちで作品に向き合っている様子。「綾野さんはすごくお芝居に貪欲な方。綾野さんに任せて、それについて行きます!」と、この作品で綾野と沢尻が起こす新たな化学反応に期待が高まる。



関連写真

  • テレビ朝日系木曜ドラマ『ハゲタカ』(7月スタート)に沢尻エリカの出演が決定(C)テレビ朝日
  • 企業買収者・鷲津政彦(綾野剛)の最強の敵として立ちはだかるホテルウーマン・松平貴子を演じる(C)テレビ朝日

オリコントピックス