• ホーム
  • 芸能
  • 女子バレー・栗原恵、JTマーヴェラスへの入団を発表「貢献できるよう頑張ります」

女子バレー・栗原恵、JTマーヴェラスへの入団を発表「貢献できるよう頑張ります」

 バレーボール女子の元日本代表で今年2月に日立オートモティブシステムズ女子バレーボール部(日立リヴァーレ)を退団した栗原恵選手(33)が30日、JTマーヴェラスに入団することを発表した。

 JTマーヴェラスのサイトでは「2018年6月1日付で、栗原恵選手の入部を決定しました」と報告するとともに「JTマーヴェラスは、栗原選手の加入によりチームの戦力アップを図り、Vリーグでの優勝を目指し、チーム一丸となって邁進します」とコメント。

 栗原選手も「この度、JTマーヴェラスに入団することとなりました。監督である吉原知子さんは、私がずっと背中を見続けてきた偉大なベテラン選手でした。 そんな吉原監督のもとで、自分に何かできることがあるのかと考え、向き合って出した決断です」と説明し「たくさんのことを学び、成長できるよう努力したいと思います。チームに貢献できるよう、頑張ります。応援よろしくお願いいたします」とメッセージしている。

 栗原選手は山口県・三田尻女子高校(現・誠英高校)から2003年にVリーグ(プレミアリーグ)のNECに入団。03年11月のワールドカップでは、大山加奈とともに“メグカナ”と呼ばれて人気を博した。04年アテネ、08年北京五輪にも出場。14年6月に岡山シーガルズを退団し、同年9月に日立リヴァーレに入団。18年2月に日立リヴァーレを退団した。



オリコントピックス