• ホーム
  • 芸能
  • 肝膿瘍で入院の新喜劇・吉田裕、6・1に復帰「乳首の仕上がりもバッチリです!」

肝膿瘍で入院の新喜劇・吉田裕、6・1に復帰「乳首の仕上がりもバッチリです!」

 肝膿瘍(のうよう)のため大阪市内の病院で手術を受け入院していた本新喜劇の吉田裕(39)が、16日に退院し6月1日の「吉本新喜劇全国ツアー2018」和歌山公演より復帰することが、わかった。所属事務所が書面で発表した。

 吉田は肝臓付近の痛みを訴え、4月10日に大阪市内の病院で精密検査を受けた結果、肝臓に膿(うみ)がたまり炎症を起こしてしまう「肝膿瘍」と診断され入院、翌11日に手術を受けて治療を行い、16日に退院した。

 復帰にあたり吉田は「体もすっかり良くなり、まもなく舞台に復帰することができます。早く皆様にドリルを見てもらいたくてウズウズしています。今まで不摂生な生活をしていましたが、入院中は規則正しい生活を送らせてもらい、入院前より健康になりました!」とコメント。人気ギャグ「乳首ドリル」にかけて「乳首の仕上がりもバッチリです!」と回復ぶりをアピールした。

 吉田は2日と3日には大阪・なんばグランド花月のツアーにも出演し、5日からは新喜劇にも出演する。

 リズミカルな掛け合いや「マキバオー」などのネタで人気の吉田は、今年1月に同じく新喜劇の前田真希(38)と結婚した。



オリコントピックス