• ホーム
  • 芸能
  • 『ブラックペアン』ドラマ史上初、手術支援ロボ・ダビンチが登場

『ブラックペアン』ドラマ史上初、手術支援ロボ・ダビンチが登場

 人気グループ・二宮和也が主演を務めるTBS系連続ドラマ『日曜劇場「ブラックペアン」』(毎週日曜 後9:00)の20日放送の第5話より、最新鋭の手術支援ロボット・ダビンチがドラマ史上初めて登場することがわかった。今回、心臓のダビンチ手術のパイオニアであるニューハート・ワタナベ国際病院の協力により、ロケを敢行。劇中では“ダーウィン”という名称で登場する。

【写真】その他の写真を見る


 ダビンチは、高精度な3D内視鏡を備え、超精密な手術を行う内視鏡下手術支援ロボット。大きな切開をせずに小さな穴から手術を行うため、患者の負担が小さいというメリットを持つ。4月からは保険適用範囲も広がったため、今後多くの患者を救っていくと注目されている。

 そんなダビンチこと“ダーウィン”にまつわる人物として第5話からフリー転向後、民放の連続ドラマ初出演となる福澤朗アナウンサーと、昨年10月期『陸王』で陸上競技部の熱血監督を演じた俳優・音尾琢真の出演が決定。福澤は、帝華大付属病院の西崎教授(市川猿之助)が推奨する“ダーウィン”を支援する厚生労働省の医務技監・富沢雅之役、音尾は帝華大にとって花形であるダーウィン手術を専門としている外科医・松岡仁役にそれぞれ決定した。

 福澤は「憧れの“日曜劇場”です。それぞれの“正義”がぶつかり合う脚本です。私の演じる役の“正義”が気圧されぬように頑張りました」と実力派俳優たちのなかで後半のキーパーソンとして奮闘。音尾は「『陸王』以来の日曜劇場の時間帯に帰って来ます。今度は『ダーウィンの松岡』として。実際の『ダビンチ』にも触れてみましたが、最新の医療技術のすごみを感じました。これだけでも一見の価値ありです。熱き想いが交錯する医療現場で火花を散らしてきますので、ぜひ楽しみにしていてください」と期待をあおっている。



関連写真

  • TBS系連続ドラマ「日曜劇場『ブラックペアン』」劇中で内視鏡下手術支援ロボットを扱う渡海(二宮和也)(C)TBS
  • TBS系連続ドラマ「日曜劇場『ブラックペアン』」に出演する音尾琢真(C)TBS
  • TBS系連続ドラマ「日曜劇場『ブラックペアン』」に出演する福澤朗 (C)TBS
  • TBS系連続ドラマ「日曜劇場『ブラックペアン』」に登場する最新鋭の手術支援ロボット・ダビンチ(C)TBS

オリコントピックス