• ホーム
  • 映画
  • 斎藤工&永野&金子ノブアキが“チーム”結成 ショートフィルム自主制作

斎藤工&永野&金子ノブアキが“チーム”結成 ショートフィルム自主制作

 俳優で映画監督としても活躍する斎藤工、芸人の永野、ミュージシャン・俳優の金子ノブアキ、映像ディレクターの清水康彦氏が、映像制作プロジェクトチーム「チーム万力」を結成した。それぞれの個性を発揮し、完全自主制作したショートフィルム3本は、『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2018(略称:SSFF & ASIA)』で初公開される。

【写真】その他の写真を見る


 「チーム万力」のオリジナルショートフィルムは、永野のコント「イカになった先生」を原案に制作された『LOHAS』、同じく「焼きそばしかないキャバクラ」を原案に制作された『ZERO-焼きそばしかないキャバクラ』、素人の青年・宮本から発想し制作された『宮本』の3本。

 メンバーからコメントが到着し、斎藤は「“チーム万力”こののっぴきならない奇妙な名前を掲げテレビジョンが嫉妬する鋭利な映画作品をこの才能にあふれた面々と程よい経験値と程よい攻撃性を元に作り上げたいと思います」と意気込み。金子は「撮影現場に謎のエネルギーが充満していた。出所の分からない『謎の』エネルギーだというのがたまらなくロマンチックだった。素晴らしい体験に感謝します」、永野は「気合い入れてくんで夜露死苦」と話している。

 4人が登壇し、チーム結成の背景や制作秘話などを語るトークイベント『チーム万力 presents ショートフィルムの未来地図』の開催も決定した。6月21日に東京・iTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズで行われる。



関連写真

  • 「チーム万力」によるショートフィルム
  • 斎藤工
  • 金子ノブアキ
  • 永野
  • 清水康彦氏

オリコントピックス