アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • 健太郎&山田裕貴、縦縞衣装かぶるも「絆」 映画『デメキン』撮影裏話語る

健太郎&山田裕貴、縦縞衣装かぶるも「絆」 映画『デメキン』撮影裏話語る

 俳優の健太郎山田裕貴が25日、都内で行われた映画『デメキン』のDVDリリース記念イベントに出席。偶然にもストライプ柄のシャツに黒のパンツと衣装がリンクし、「正樹と厚成(劇中の2人の役名)の絆で」と喜び、仲の良さをうかがわせた。

 同作は、お笑いコンビ・バッドボーイズ佐田正樹による小説と漫画を映画化。いじめられていた男が、福岡最大勢力の暴走族を率いる総長になるまでを描く。佐田正樹役で健太郎が主演し、佐田の親友・合屋厚成役で山田が共演している。

 撮影前、衣装合わせで初めて顔を合わせた時のことを振り返り、健太郎が「助監督さんから『山田裕貴は、主役が健太郎ということでバッチバチに気合い入れてきているから、やばいよ』と言われて。そんな風にあおられたら、こっちも気合が入るじゃないですか。だからちょっと最初は距離がありました」と裏話を披露すると、山田は「自分は『めちゃめちゃ仲良くなりたい。早く話したい』と思っていたのに!」と悔しがった。

 アクション練習では、健太郎の顔に山田のパンチが直撃するハプニングもあり、山田は「主演の顔に当ててしまったというハプニングで、また距離が…」と苦笑するなど、息の合ったやり取りを見せた。

 最後に、集まった約200人のファンに向けて、山田は「キャスト、スタッフ共にみんなの熱い気持ちが集まった作品。健太郎を支える役を演じられて良かったし、今でもほかの仕事で会った時『デメキン』の話になるくらい熱い映画です」と思い入れの深さを明かし、健太郎は「『デメキン』がたくさんの人に愛される作品になってうれしい。熱い気持ちを思い出したくなったらDVDで何度でも楽しんで下さい」とアピールした。



関連写真

  • 偶然にも衣装がリンクした(左から)健太郎、山田裕貴
  • 映画『デメキン』DVD 発売記念トークショーに出席した(左から)健太郎、山田裕貴

オリコントピックス