• ホーム
  • 映画
  • 岩田剛典、河瀬直美監督作品初参加で“洗礼”「刺激的な撮影でした」

岩田剛典、河瀬直美監督作品初参加で“洗礼”「刺激的な撮影でした」

 人気グループ・EXILE/三代目 J Soul Brothers岩田剛典が26日、都内で行われた映画『Vision』(6月8日公開)の完成報告会見に出席。カンヌ国際映画祭など、海外からも高い評価を得る河瀬直美監督の作品に初参加した岩田は「いろんな洗礼を受けました」と、驚きにあふれた撮影を振り返った。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、世界三大映画祭すべてで女優賞を獲得した名女優ジュリエット・ビノシュと永瀬正敏がW主演し、フランスの女性エッセイストと吉野の山々を守る山守の男が心を通わせていくさまを描く。

 “山守”として山で生きている青年を演じた岩田は、川瀬流の演出術について「役の中でお会いする機会のない方とは一切口をきくな、目も合わせるなと。そういう取り組み方は初めてでしたし、永瀬さんとご一緒するシーンも、俳優としてあいさつする前に初対面のところをカメラで撮りたいと言われました」と回顧。

 さらに「そういう部分を一番大事にしている監督。本当は撮影1ヶ月くらい前から森に住んでほしいとお願いされていたけれど、ツアー中だったのでさすがに無理でした」と苦笑し、劇中に登場する納屋で生活したが風邪を引いてしまったことも告白し、「徹底的なこだわり方は他の組にはない。刺激的な撮影でした」と手応えも。役にのめり込むあまり、三代目JSBのメンバーから心配されたそうで、「顔つきが違ったみたいで、『大丈夫? 本当に森の人になっている』って言われました」と話していた。

 主演の永瀬も「クランクイン2週間前から山で暮らした」、夏木マリも「ヨモギ団子を食べるシーンでは、ヨモギを積んで来るところからやりました」「2週間iPhoneを取り上げられて、SNSもお休みだった」と、河瀬監督の徹底的なこだわりを報告していくなか、ビノシュ演じるエッセイストのアシスタント役の美波だけは「私はジュリエットとフランスから来て、1、2週間お醤油工場に行ったり、とても楽しくて…」と申し訳なさそうに話して笑わせた。

 会見には、音楽の小曽根真氏も出席し、ピアノ演奏でテーマ曲披露も行われた。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



関連写真

  • “刺激的だった”と撮影を振り返った三代目 J Soul Brothers・岩田剛典(C)ORICON NewS inc.
  • 映画『Vision』の完成報告会見に出席した河瀬直美監督 (C)ORICON NewS inc.
  • (前列左から)美波、岩田剛典、(後列左から)永瀬正敏、河瀬直美監督、夏木マリ、小曽根真 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『Vision』の完成報告会見に出席した永瀬正敏 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『Vision』の完成報告会見に出席した夏木マリ (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『Vision』の完成報告会見に出席した美波 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『Vision』の完成報告会見に出席した三代目 J Soul Brothers・岩田剛典 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『Vision』の完成報告会見に出席した(左から)三代目 J Soul Brothers・岩田剛典、永瀬正敏 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『Vision』の完成報告会見に出席した小曽根真 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス