• ホーム
  • 芸能
  • マキタスポーツ、プチ鹿島、米粒写経が語るオフィス北野FA宣言の真意 たけしの助言を胸に新たな一歩

マキタスポーツ、プチ鹿島、米粒写経が語るオフィス北野FA宣言の真意 たけしの助言を胸に新たな一歩

 前代未聞の事務所“FA宣言”だ。米粒写経のサンキュータツオ、プチ鹿島マキタスポーツが、自身がパーソナリティーを務めるラジオ番組『東京ポッド許可局』(TBSラジオ 毎週月曜 深0:00〜1:00)の23日深夜放送内で、所属事務所であるオフィス北野から3組そろってFA(フリーエージェント)宣言をすると発表した。プロ野球ではおなじみの用語だが、平たくいえば「所属している会社以外とも交渉する」権利を行使するという意味。ビートたけしの独立から端を発した今回の事務所騒動。たけし軍団の声明文などを経て、収束に向かっているタイミングで、なぜこの行動を取ることにしたのか。同日夕方に行われた収録後、タツオの相方・居島一平を交えた4人に話を聞いた。

 鹿島は週にラジオ4本、テレビ2本、AbemaTV1本、原稿は月に15本を抱える売れっ子で、マキタもレギュラー番組のほかに、音楽活動・俳優業で大活躍。米粒写経も、タツオが辞書の知識を活かして、このほど改訂された『広辞苑 第7版』の執筆に携わり、居島がCS番組『真相深入り! 虎ノ門ニュース』(月曜〜金曜 前8:00)のMCを務めており、鹿島の言葉を借りれば「ありがたいことに毎日仕事をいただいている状態」。そんな中で起こった今回の騒動。たけし独立が報道された翌日にあたる3月15日、オフィス北野で説明会が行われ、森昌行社長は、社員やマネージャーがこれから減っていくという見通しを示した。その時、今回の行動を考え始めたと鹿島が明かす。

 「その時に僕たち一人ひとりが質問したんですけど『仕事を毎日やっている人間はどうなるんですか?』と聞いたら、森社長が申し訳なさそうに『もちろん、自分で負担していただくことになります。移籍を考える方は、事務所がバックアップします』とおっしゃってくださった。それで、僕らが考え始めたというところです。情の問題ではなくて、実際問題として、マネージャーさんがいないと今の仕事量を維持できないというところが大きかったです」。

 では、なぜこの時期に発表することになったのか。その答えも鹿島から明快に返ってきた。「なんで今なんだっていうのは(たけし軍団による)声明文騒動が終わるのを待っていたというのがあって、あのときに一緒に名乗りあげちゃうと、事務所に飽き飽きしたという風に受け止められてしまう可能性があったので、そこは慎重に、騒動が落ち着くのを待って…という部分はあります。説明会から2週間後の3月30日に、森社長と個別で面談をした時には、今回発表した思いを正式にお伝えしています」。

 番組内で居島が、若手発掘のために始めた事務所ライブ『フライデーナイトライブ』の存在を挙げていたが、米粒写経、大神クヒオとともに2009年に同ライブを立ち上げたマキタも思いを吐露した。「当時、お笑い業界でオフィス北野はネタをやる芸人がいないっていうイメージがあったんですよ。それを払拭して、ライブ発の若手を育てることができれば…という思いを込めて、フライデーナイトライブを始めました。そこから、馬鹿よ貴方はのように、後の『M-1グランプリ』ファイナリストが出てきたりしたので、そういう芸人を僕らが先導して『オフィス北野に入れましょう』と言ってきた。そういった経緯があるので、そこの責任はやっぱりあるんですよね。会社が小さくなります、若手の面倒を見られません、ライブもちょっと危うくなりますということで、実際に5月以降のスケジュールがきれなくなった。そしたら、ライブに出ていた芸人たちは流浪の民になっちゃう。自前で勝ち上がる世界でもあるので、自分たちで頑張れよっていう反面、道義的責任というか、ちゃんと道筋はつけてあげないといけないという気持ちはあります」。

 本業への影響、自分たちが引き入れた若手芸人たちへのしめしをつけるため…いろいろな思いが去来する中、今回3組そろって決断をした。しかも、具体的な方向性が決まっていない状況で、自分たちのラジオ番組で自分たちの言葉でしっかりとリスナーに伝えるという方法でのFA宣言。2008年に「屁理屈をエンタテインメントに!」をモットーにポッドキャストでスタートした同番組で伝える決心をした理由について、鹿島は「リスナーの方と共有して大きくなってきた番組なので、こうした過程も見せたほうがいいんじゃないかと思って」と笑顔で打ち明ける。

 オフィス北野に残留、他事務所への移籍、3組で独立して新会社の立ち上げ…どの選択肢もフラットに考えていく。マキタが3組の総意を語る。「我々は精神的なつながりで行動しましょうね…ということを言っている状態です。それぞれが仕事として売上を作ってきているし、年齢的にもそれぞれの現場で信用を得ているということであれば、それを結集するというのもひとつの案だと思います。だけど、家族を抱えていたりとか、いろいろな状況もあるので、独立をすることが一番の望みかというと、それはなんとも言えないところもありますね。移籍をするならば、この3組にちゃんと興味を持ってくれていることを大切にしたい。一案として3組丸ごと移籍ということも考えておきたいし、それぞれがちゃんと独立するっていうこともあるし、東京ポッド許可局というものを母体とするものも考えられるんじゃないかなと。真面目に真剣に交渉事として、いい大人として聞きたいです」。

 今後は、オフィス北野所属として移籍・独立も含めた行動を取っていくが、連絡先は「tokyopod@gmail.com」で一括管理。鹿島が「この番組は、けっこう業界の方に聞いていただいて、こっそり声をかけてもらうことがあるんですよ。今回、こういういみじくも場になってしまったので、大声でかけてほしい」と期待すると、マキタが「これで全く連絡がなかったら、それはそれで面白いね」とにっこり。タツオは「オフィス北野の経理も徐々にやめていくはずなので、経理が機能しているうちっていうところで、この1〜2ヶ月くらいをめどに考えています」と語った。

 森社長への報告はもちろん、21日にはTBS系『新・情報7daysニュースキャスター』(毎週土曜 後10:00)出演前のたけしを訪問し、FA宣言することを伝えた。「芸人は死ぬまで芸人だからよ。オレなんかは何度も死にかけたけど…大変だろうけど、そのうち困ったことがあったら相談に来い」という温かい言葉とともに、支えとなる一言をもらったとマキタがかみしめるように話してくれた。

 「たけしさんに『頑張れよ』とエールを送ってもらったことが一番精神的にデカいです。『頑張って、やれば売れるからさ…あっ、お前売れてるか』と言っていただいて、ボケなのか何なのかわからないですけど、そうやって言ってもらったのもうれしかったですし『こっちの態勢が整って、お前らがもしヤバいってことになったら、全然来ていいからさ』って、やっぱりそういう風に言ってくれるんですよ。僕らはみんな、たけしさんのことが好きだったわけで、だから変な気持ちだけは残したくない。それをたけしさんがちゃんと汲んで言ってくれたのは大きかったですよね」。たけし軍団のように直接の師弟関係はなく、非たけし軍団とも称される彼らだが、言わずもがなではあるが“たけしイズム”はしっかり共有されている。3組がこれからどういった一歩を踏み出すか、楽しみで仕方ない。



関連写真

  • (左から)米粒写経、マキタスポーツ、プチ鹿島 (C)ORICON NewS inc.
  • マキタスポーツ、プチ鹿島、米粒写経がオフィス北野からのFA宣言の真意を明かす (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス