アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • スピルバーグ監督が語る映画作りの原点 昔から変わらないストーリー作りの習慣

スピルバーグ監督が語る映画作りの原点 昔から変わらないストーリー作りの習慣

映画『E.T.』(1982年)、『インディ・ジョーンズ』シリーズ、『シンドラーのリスト』(94年)などを手がけてきたスティーブン・スピルバーグ監督。最新作『レディ・プレイヤー1』(公開中)のプロモーションのため13年ぶりに来日を果たした巨匠にインタビューする機会を得たため、71歳の現在もハリウッドの第一線で活躍し続ける理由に迫ることになった。

インタビューする記者たちが緊張しながら取材部屋で待機していると、飲み物を片手にスピルバーグ監督が「...

この記事の画像

  • 13年ぶりに来日したスティーブン・スピルバーグ監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 最新作『レディ・プレイヤー1』は公開中 (C)ORICON NewS inc.
  • 『レディ・プレイヤー1』 (C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTSRESERVED
  • 『レディ・プレイヤー1』 (C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTSRESERVED

オリコントピックス