• ホーム
  • 芸能
  • 葵わかな『わろてんか』に呼ばれた 久しぶりの大阪「胸がキュっとなった」

葵わかな『わろてんか』に呼ばれた 久しぶりの大阪「胸がキュっとなった」

 女優の葵わかなが21日、NHK大阪放送局内で開催された、連続テレビ小説『わろてんか』の関連イベント『オフラインミーティング〜舞台裏しゃべりまっせ!〜』に出演。来場者には告知されていなかったため、ヒロインの帰還にファンは大喜びだった。

 21日は、『わろてんか』のスピンオフドラマ『ラブ&マンザイ〜LOVE and MANZAI〜』(BSプレミアムで午後8時から)の放送日。葵は「きょう、ここに来られるとは思っていなかったんですが、たまたまスケジュールがここだけ空き、『わろてんか』に呼ばれているな、運命なんだなと思いました。新大阪駅から大阪局に向かう間、見慣れた道を見ると、懐かしい反面、もう私の場所じゃないんだなと、胸がキュっとなる思いでした。それぐらい濃い時間を過ごせました」と感慨もひとしお。

 イベントは、葵のほかに、枝元萌(歌子役、スピンオフ全4話にわたって登場するキーパーソン)、畦田ひとみ(安来節乙女組の勝部なつ役)、制作統括の後藤高久氏(NHK大阪)が出演し、撮影の裏話などをクロストーク。

 葵は「ヒロイン・てんを演じることが決まったとき、本当にたくさんの人から『ヒロインは大変だよ!』とばかり言われたんですが、それならば逆に『大変じゃない』と思えるようにしようと思いました。『大変だ』と言わないようにしようと。そういう気持ちで入ったら本当に大変じゃなくなった」と話し、観客の関心を引いた。

 枝元は「撮影で一番苦労したのは、夫の吉蔵を演じる藤井隆さんを叩いたりどついたりするシーンでした。一度思いっきりやってみたら、スタッフの方から『視聴者の人がひかないように叩いてほしい』と言われてしまって。藤井さん本人は痛くないって言ってるんですけど(笑)。それからは(亀井役の)内場勝則さんに『痛くないけど面白い叩き方はないですかね?』と相談したり、『この時代にはどういう叩き方をしていたのか』という時代考証までしたりしました」と、意外な苦労を明かした。

 畦田は「私が演じたなつは、少し意地悪な役だったんですが、踊りが苦手な小豆沢とわを演じた辻凪子さんの無意識の顔芸にいつも笑わされていました。感動するシーンでも、隣の立ち位置のとわちゃんが不思議な顔をしていて、私は嫌なやつを演じなきゃいけない上に真面目なシーンなのでずっと笑いをこらえていました。私は13週と14週の登場で、撮影が終わってから寂しかったのですが、きょう皆さんにお会いできてうれしかったです」と話していた。

 最後に葵は「難しいことも苦悩もあったけど、いま振り返って本当にいい経験をさせてもらったなと。役者としてだけでなく、一人の人間としていい出会い、いい経験をさせてもらいました。ですから笑うことは大事だと本当に思っています。きょうまで本当にありがとうございました」と、思いを伝えていた。

■今後の関連番組
連続テレビ小説『わろてんか』スピンオフ『ラブ&マンザイ』
BSプレミアム:4月21日 後8:00〜8:59

連続テレビ小説『わろてんか』総集編
総合テレビ:5月4日
前編 前8:15〜9:43[再]
後編 前9:50〜11:18



オリコントピックス