• ホーム
  • 映画
  • 20周年『SSFF & ASIA』上映作品決定 斎藤工企画・原作のクレイアニメも

20周年『SSFF & ASIA』上映作品決定 斎藤工企画・原作のクレイアニメも

 アジア最大級の国際短編映画祭『ショートショートフィルムフェスティバル & アジア 2018』(略称:SSFF & ASIA/6月4〜24日)の上映作品が決定した。世界130を超える国と地域から過去最高となる1万本を超える作品応募があり、その中から厳選された約250作品を上映。日本初公開となる『第90回アカデミー賞』短編実写部門・アニメーション部門の各受賞作品や、ジョージ・ルーカス氏、ジャン・リュック・ゴダール氏、ジャ・ジャンクー氏、大林宣彦氏など世界の名監督によるショートフィルム、俳優の斎藤工が企画・原作・声優を務めるクレイアニメなどがそろった。

【写真】その他の写真を見る


 上映作品は、『第90回アカデミー賞』短編実写部門を受賞した『サイレントチャイルド』、短編アニメーション部門を受賞した『親愛なるバスケットボール』、短編アニメーション部門にノミネートされた『ネガティヴ・スペース』など。ミュージックビデオ部門からは、567台のプリンターを使ったOK Goのミュージックビデオ『Obsession』、キッズプログラムからは斎藤が携わるクレイアニメ『フィルとムー』が上映される。

 20周年を迎える今年の『SSFF & ASIA』のテーマは「『Cinema Smart』〜想像力で人生を発見する〜」。これまで以上に幅広く作品を受け入れられるよう「学生部門 supported by フェローズ」、国内の映画祭として初となるVR部門「VR SHORTS」、「ノンフィクション部門 supported by ヤフー株式会社」の3部門を新設。フェスティバルアンバサダーのLiLiCoが登壇する日本との国交樹立150周年を記念したスウェーデンイベントや、河瀬直美監督が登壇し次世代の若きクリエーターたちにむけ映画製作に必要な才能、将来の映像・映画製作の展望について語るイベントも行われる。

 フェスティバルナビゲーターには三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEが就任し、公式テーマソング「FUTURE」が『SSFF & ASIA』公式サイトにてストリーミング視聴できる。各部門の優秀賞・グランプリは6月17日の授賞式で発表される。

■『ショートショートフィルムフェスティバル & アジア 2018』概要
開催期間:6月4〜24日
上映会場:アンダーズ 東京 Andaz Studio、表参道ヒルズ スペース オーなど東京計8会場を予定(※開催期間は各会場によって異なり、変更になる可能性あり)
料金:無料上映。事前予約はPeatixにて受付、当日券もあり
公式サイト:http://www.shortshorts.org/2018

関連写真

  • 『ショートショートフィルムフェスティバル & アジア 2018』で上映される『サイレントチャイルド』
  • 斎藤工が企画・原作・声優を務めるクレイアニメーション『フィルとムー』
  • フェスティバルナビゲーターに就任した三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
  • 『ショートショートフィルムフェスティバル & アジア 2018』で上映される『ネガティヴ・スペース』
  • 『ショートショートフィルムフェスティバル & アジア 2018』で上映される『Obsession』

オリコントピックス