• ホーム
  • 芸能
  • 岩田剛典、ホテルマン研修に奮闘 支配人からのお墨付きに恐縮

岩田剛典、ホテルマン研修に奮闘 支配人からのお墨付きに恐縮

 EXILE/三代目 J Soul Brothersのパフォーマーで俳優の岩田剛典が6日、東京・山の上ホテルにて日本テレビ系連続ドラマ『崖っぷちホテル!』(毎週土曜 後10:30※15日スタート)の役作りに活かすべくホテル研修を受けた。指導役となった中村淳総支配人から「カンがすごくいい。そしてホスピタリティのマインドを役柄に活かそうとする姿勢。すばらしいなと思います」とお墨付きを与えられた岩田は「もったいないお言葉です」と恐縮していた。

【写真】その他の写真を見る


 まず研修では中村氏によるホテルの歴史変遷や現在の施設、職務やあいさつ、身だしなみなど社会人としての一般常識やホテル基礎知識などを個別で座学講義。次にエレベーターホールやホテル客室に移動して、ベルパーソン業務研修としてエスコート方法や館内飲料施設の案内などの実技を学んだ。最後はソムリエによりワイン研修。入社2〜3年目のスタッフと一緒にワインの抜栓の仕方やグラスへの注ぎ方のレクチャーを受けたが、コルクの抜き方やサーブの細やかな動きに奮闘した。

 ドラマ内でが傾きかけた“崖っぷちホテル”に突然、現れた破天荒な客・宇海直哉を演じる岩田だが研修を終え「すごく勉強になりました」と刺激を受けた様子。「普段の活動にマインドとしては似てる。受け取る側あの気持を考えて発信していくというのはサービス業として共感できるものがある」と親近感も語った。

 一方で「ベルボーイの動きとかは意外と上下関係のある普段の仕事場だったりするので自然とやっていたりとか…普段からやっていたりするけど、(ボトルを)半周回してとか家ではやらないのでこういうクラシックなスタイルで開けるのはかっこいい」と苦戦。「こういう難しさが当たり前のようにできるスキルや立ち振る舞いは洗練されてる」と尊敬の眼差しを向けた。

 また、身の回りにいる“ホテルマン”向きの人物にEXILEのAKIRAを挙げ「おもてなしの気持ちが誰より秀でてる」と感心。MAKIDAIが朝の情報番組『ZIP!』を卒業した際、MAKIDAIを楽屋で待ち受け、サプライズで労ったというエピソードを語り、「カメラや媒体が入っていないところでも普段の関係値でそういうことをやれる優しさがサービス業やホテルマンにマインドとして向いていると思います」と力説していた。



関連写真

  • ホテルマン研修に奮闘した三代目 J Soul Brothers・岩田剛典 (C)ORICON NewS inc.
  • ベルパーソン業務研修としてエスコート (C)ORICON NewS inc.
  • ワインの注ぎ方研修も (C)ORICON NewS inc.
  • ワインの注ぎ方研修を受けた岩田剛典=ドラマ『崖っぷちホテル!』の役作りに生かすべくホテル研修を受けた岩田剛典 (C)ORICON NewS inc.
  • ワインの注ぎ方研修を受けた岩田剛典=ドラマ『崖っぷちホテル!』の役作りに生かすべくホテル研修を受けた岩田剛典 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『崖っぷちホテル!』の役作りに生かすべくホテル研修を受けた岩田剛典 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『崖っぷちホテル!』の役作りに生かすべくホテル研修を受けた岩田剛典 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『崖っぷちホテル!』の役作りに生かすべくホテル研修を受けた岩田剛典 (C)ORICON NewS inc.
  • ワインの抜栓の仕方やグラスへの注ぎ方のレクチャーを受けた=ドラマ『崖っぷちホテル!』の役作りに生かすべくホテル研修を受けた岩田剛典 (C)ORICON NewS inc.
  • ワインの抜栓の仕方やグラスへの注ぎ方のレクチャーを受けた=ドラマ『崖っぷちホテル!』の役作りに生かすべくホテル研修を受けた岩田剛典 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス