アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • モーリー・ロバートソン氏、事実婚相手・池田有希子とトークイベント

モーリー・ロバートソン氏、事実婚相手・池田有希子とトークイベント

 ジャーナリストのモーリー・ロバートソン氏(55)、事実婚相手の女優・池田有希子(47)が3日、都内で行われた映画『私はあなたのニグロではない』(5月12日公開)のトークイベントに出席した。

 同作は、作家のジェームズ・ボールドウィン氏の未完原稿をもとに、過去の映像や音楽の記録映像を交えながら、60年代の公民権運動から現在のブラック・ライブズ・マターに至るまで、連綿と続くアメリカの人種差別と暗殺の歴史に迫る。

 海外生活の経験を持つ2人は、自身の体験談を交えながら人種問題や、現地の空気感を中心にトーク。差別問題についてモーリー氏が「日本には、お堀のような大きな溝がある。全く知らないか、虚像を抱き合ってる人々がいる」と切り出すと、池田は「日本には黒人差別がないと言われるけど、就職や結婚などいろいろ部分で(差別は)ありますからね」と苦笑いしながら返した。

 日本では、昨年大みそかに日本テレビ系で放送された『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 大晦日年越しSP 絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!』では、ダウンタウン・浜田雅功の“黒塗りメイク”問題が物議を醸した。

 モーリー氏は「そういうすごく本人たちは知りもせず、悪意もなく演出としてやれと言われてやる。でもインスタグラムなので拡散され、世界中を巻き込む炎上になっている」と危惧。「問題を根底から解決することは難しい」とした上で「でも知ることによって、新たな状況が押し寄せてきた時にパニックにならないことができる」と熱弁した。



関連写真

  • トークイベントを行ったモーリー・ロバートソン氏、池田有希子 (C)ORICON NewS inc.
  • 自身の体験談を交えながら語った (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス