アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • 【新潟美人レイヤー】ニッチなキャラも自由に表現、夫婦で参加のベテランレイヤー

【新潟美人レイヤー】ニッチなキャラも自由に表現、夫婦で参加のベテランレイヤー

 1983年の第1回開催以来、今回で156回目を数える『ガタケット』。日本海側最大級のオールジャンル同人誌展示即売会であることから、県内外を問わず多くの同人誌愛好家やコスプレイヤーが集まる。21日に開催された今回も、冬に戻ったかのような天候であったにも関わらず、イベントは大きな盛り上がりを見せていた。

 『ガタケット』自体の参加キャリアは7年ほどというベテランの東雲ちゃんさん。始めは一般客としてイベントに参加していたが、今や衣装を自作するまでに成長(!?)し、人気レイヤーの一人として、登場時からすぐにカメラマンの長い行列を作っていた。キャラクターは『艦隊これくしょん』の通信エラー発生時に表示されるキャラ・エラー娘という、何ともマニア泣かせのセレクト。「このセーラー服も自作で、一日がかりで完成させました」と東雲ちゃんさん。もちろん手に持った猫も自作だ。それにも驚かされたが、カメラマンの一人がダンナさんというのもちょっとビックリで、夫婦でこのイベントを心待ちにしていたとか。

痛車仲間も撮影に駆け付けていて、東雲ちゃんさんの周りは特に賑やかな雰囲気。ガタケットから生まれた輪を、それぞれがそれぞれの形で楽しんでいるのが印象的だった。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



タグ

オリコントピックス