アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • 【新潟美人レイヤー】コスプレの魅力は「友達がたくさんできること」

【新潟美人レイヤー】コスプレの魅力は「友達がたくさんできること」

 3月21日に実施された『ガタケット156』。日本海側最大級の同人誌即売会として注目され、新潟県外からも多くの同人誌愛好家やコスプレイヤーが集まる一大イベントだ。連日の晴天から一変、強風が吹く寒空の下の開催となったが、お昼ごろにはまさにすし詰め状態の会場となった。

 コスプレ歴は2年ほどの鮎さんは、新潟を中心に、これまでも多くのコスプレイベントに参加しているという。コスプレの魅力を聞いてみたら、「やっぱりたくさんの人と交流できることですね。好きな作品やキャラクターが同じなら、それだけで仲良くなれるから」。ちょっとドキッとしてしまう胸元がはだけた衣装は『電波女と青春男』のヒロイン・藤和エリオの制服姿。神秘的(不思議?)なキャラクターをしっかりと再現していて、カメラマンたちも夢中でシャッターを切っていたのが印象的だった。まだ寒さの残る時期だが、新潟美人レイヤーたちは、裸足の鮎さんをはじめ、薄着のコスプレイヤーたちも生き生きと撮影に応じてくれた。

 今回はいつも一緒に参加する友達とは別の友人とガタケットに参加したという鮎さん。「こういう友達の輪がひろがるからコスプレは本当に楽しいです」。



オリコントピックス