• ホーム
  • 芸能
  • 小倉智昭キャスター、『とくダネ!』発言のネットニュース化を歓迎「どんどん叩いて」

小倉智昭キャスター、『とくダネ!』発言のネットニュース化を歓迎「どんどん叩いて」

 フジテレビ系朝の情報番組『とくダネ!』(月〜金 前8:00)が、4月から新体制に変わるにあたり、出演する小倉智昭キャスター(70)、同局の伊藤利尋(45)アナウンサー、山崎夕貴アナウンサー(30)が22日、同局で取材会を行った。

【写真】その他の写真を見る


 番組開始から4月で20周年イヤーに突入する。小倉キャスターは「ありがたいことに最初からやらせてもらっている。そろそろ、いろんな声が聞こえてくるかなと思ったら意外にも伊藤くんや山崎さんとやれると聞いて、まずは驚きました」と20年に向けて新体制となった『とくダネ!』への思いを語った。

 そして「個人的に興味のある2人だった。おそらく暴走老人を止められるのは、この2人しかいないので起用されたのでは。今まで以上に突っ走ろうかな」とエンジン全開宣言をした。

 現在は小倉キャスターの番組内での発言が報道各社により、ネットニュースになって拡散されている。ネットニュース化について小倉キャスターは「なんでですかね」と話しつつも「反応は早い。番組が終わって『炎上しているよね』と(スタッフに)聞くと『もう炎上してます』とかってある」と、生のリアクションとしてチェックしているという。

 「これ言うと炎上するなと承知の上で炎上させている部分もある。なんで、これでこんな騒ぎになっちゃたんだろう、最初から最後まで聞いてくれたら、こんなこともないのになと思うこともある。まぁ、良きにつけ悪しきにつけ、話題になるのはいいこと。これからも、どんどん書いていただくなり、叩いていただくなりして」と泰然自若だった。続けて「これからは伊藤と山崎の方で」というと2人は「え〜」と驚いていた。

 また、朝の情報番組は群雄割拠の状態。「今はテレ朝がいい。最近、また日テレといい勝負している」と視聴率競争について言及し「ご存知の通り、今は母屋(フジテレビ)自体がちょっと不振な状態。それもある。私が19年もやると飽きられるというのもあるでしょう。テレビ朝日の傾向を見ると年配の方がかなり、あちらに移ってしまった。もう、同世代の司会者はいいと思っているのもあると思う。その辺を2人が、これからカバーしてくれる」と分析し、対策も説明。最後は「僕は静かに余生を…」とボケたが、報道陣から一歩引くのか問われると「そんなことはない」ときっぱり。「そう言いながら、しゃしゃり出て、また叩かれる」と笑っていた。

 この日は山崎アナの恋愛トークも話題となっており、去り際に小倉キャスターは「あなたの恋愛のことしか出ないよ」とぼやき。熟練のテクニックに会場は大爆笑だった。



関連写真

  • フジテレビ系朝の情報番組『とくダネ!』の取材会に出席した小倉智昭 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)山崎夕貴アナ、小倉智昭、伊藤利尋アナ (C)ORICON NewS inc.
  • フジテレビ系朝の情報番組『とくダネ!』の取材会に出席した山崎夕貴アナ (C)ORICON NewS inc.
  • フジテレビ系朝の情報番組『とくダネ!』の取材会に出席した(左から)山崎夕貴アナ、小倉智昭、伊藤利尋アナ (C)ORICON NewS inc.
  • フジテレビ系朝の情報番組『とくダネ!』の取材会に出席した伊藤利尋アナ (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス