• ホーム
  • 芸能
  • 市川猿之助、けが復帰後初のドラマ出演 外科教授役に経験活かす

市川猿之助、けが復帰後初のドラマ出演 外科教授役に経験活かす

 歌舞伎俳優の市川猿之助が4月スタートの二宮和也が主演するTBS系連続ドラマ「日曜劇場『ブラックペアン』」(毎週日曜 後9:00)で、昨年10月にスーパー歌舞伎の舞台で左腕開放骨折の重傷を負って以降、初のドラマ出演を果たす。猿之助が演じるのは外科教授の西崎啓介。「個人的に最近優秀なお医者様と接することが多かったので、役作りの中で存分に活かせたらと思います」と冗談めかしつつ意気込んでいる。

 原作は『チーム・バチスタの栄光』を代表作に持つ作家・海堂尊氏の小説『新装版 ブラックペアン1988』(講談社文庫)。天才的な手技(縫合技術)を持ちながら傲(ごう)慢な性格と言動で周囲との軋轢が絶えない“オペ室の悪魔”外科医・渡海征司郎(二宮)が突如導入されることになった手術用最新医療機器・スナイプを巡る疑惑をきっかけに、嫉妬うずまく大学病院という巨大な組織に真っ向から立ち向かっていく医療エンターテインメント。

 猿之助演じる西崎は渡海らの所属する東城大学と敵対する帝華大学の外科教授。内野聖陽演じる東城大学所属の心臓外科医で、“神の手”の持ち主・佐伯清剛とライバル関係にある。日本心臓外科学会の理事長選の席を佐伯と争う西崎はスナイプを携えた高階権太(小泉孝太郎)を東城大学に派遣することに。果たして西崎の野望は叶うのか…。高階の登場で東城大学の医師たちにも転機が訪れる。

 猿之助は「素晴らしい作品に、素敵な共演者、スタッフの皆様と共に参加させていただけますこと、とてもうれしく思っております」と起用を喜び、「一人でも多くの方々に楽しんでいただけるよう、日々、取り組んで参ります」とコメント。プロデューサー・伊與田英徳氏は「昨年おケガをされて以来、復帰作となる作品にこのドラマを選んでいただけたことに大変感謝しております。猿之助さんが演じられる西崎は、内野聖陽さん演じる佐伯と敵対する役なのですが、物語が展開する上で非常に重要な役どころとなります。どのような西崎教授を見せていただけるのか楽しみです」と期待を寄せている。



オリコントピックス