• ホーム
  • 映画
  • 岩田剛典、監督からの手紙で男泣き「いやぁ、まいったな」

岩田剛典、監督からの手紙で男泣き「いやぁ、まいったな」

 EXILE三代目 J Soul Brothers岩田剛典が10日、都内で行われた映画『去年の冬、きみと別れ』の公開初日舞台あいさつに登壇。瀧本智行監督からのねぎらいの手紙に思わず男泣きし「うれしいっす」と感激した。

【写真】その他の写真を見る


 舞台あいさつ終盤、瀧本監督から岩田へ手紙が贈られた。ゲームで負け、恥ずかしいネタを暴露される流れから一変、監督からのサプライズ。「あなたはスマートな見た目によらず、不器用な人です。何度も芝居のけいこを繰り返しました。器用な役者ならすぐにこなすことも、あなたは時間がかかりました。役をどうにか自分のものにしようと、愚直に誠実に向き合っていたんだろうと思います。いつからかオーラをまとうようになりました。内心、僕は驚いていました。心を揺さぶられました」とねぎらった。

 続けて「人より時間がかかったかもしれない。でも、誰より役を理解し、岩田剛典しか演じられない魅力的な主人公を作り上げられたと思います。助監督だったころ、ある大先輩から、こう言われました。『器用なやつは、すぐに答えにたどり着く。でも、不器用なやつしか、その先にたどり着けない』。あなたを見ていて、そんな言葉を思い出しました。今後も愚直に、ひたむきにもがき続けてください。その先に向かって」と激励された。

 途中から目にいっぱいの涙をためていた岩田は「うれしいっす」と声にならない声で感謝。思わぬサプライズに「いやぁ、まいったな」と涙を何度もぬぐいながら「監督と一緒にやれてよかった。また監督と、いつか作品でご一緒できるまで精一杯、芸を磨いて役者として成長した姿をお見せしたいなと、今あらためて感じました。本当に、ありがとうございます」と男泣きした。

 一方、斎藤工は観客の中に「ドスケベ」と書いてあるパネルを持つ人を見つけると「ドスケベの斎藤工です」とリップサービスを交えながらあいさつ。直後に「しまった。マスコミが入ってる回だった…」と焦る一幕も。北村一輝は「三代目 J Soul Brothersの北村です」とニヤリ。会場から大きな歓声が上がった。

 瀧本監督は「きのう、すばらしい映画を見た。同じ映画監督として嫉妬するほどの傑作。(斎藤が監督する)『blank13』という映画。ぜひ、見ていただけたら。泣いちゃいました」と公開初日に監督自ら別の映画を宣伝。その男気に斎藤は「泣いちゃいますよ…」と胸を熱くしていた。

 同作は『教団X』などで知られる芥川賞作家・中村文則氏の小説を映画化。先読みできない展開で、書店員たちの間でも“中村サスペンス最高傑作”との呼び声も高い、予測不能の純愛サスペンスとなっている。

 舞台あいさつには山本美月浅見れいな土村芳も参加した。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



関連写真

  • 監督からの手紙に涙をぬぐう岩田剛典 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『去年の冬、きみと別れ』主演の岩田剛典 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)瀧本智行監督、土村芳、斎藤工、岩田剛典、山本美月、浅見れいな、北村一輝 (C)ORICON NewS inc.
  • 瀧本智行監督からの手紙に何度も涙をぬぐう岩田剛典 =映画『去年の冬、きみと別れ』初日舞台あいさつ (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『去年の冬、きみと別れ』主演の岩田剛典 (C)ORICON NewS inc.
  • 斎藤工=映画『去年の冬、きみと別れ』初日舞台あいさつ (C)ORICON NewS inc.
  • 北村一輝=映画『去年の冬、きみと別れ』初日舞台あいさつ (C)ORICON NewS inc.
  • 山本美月=映画『去年の冬、きみと別れ』初日舞台あいさつ (C)ORICON NewS inc.
  • 浅見れいな=映画『去年の冬、きみと別れ』初日舞台あいさつ (C)ORICON NewS inc.
  • 土村芳=映画『去年の冬、きみと別れ』初日舞台あいさつ (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス