ドラマ&映画 カテゴリ

松岡昌宏、“最恐家政夫”ミタゾノが1年半ぶりカムバック

 TOKIO松岡昌宏が女装した家政夫・三田園薫(みたぞの・かおる)に扮し、派遣された家庭・家族の内情を覗き見して、そこに巣食っているすべてをぶち壊していく、痛快“覗き見”ヒューマンドラマ『家政夫のミタゾノ』が、テレビ朝日系金曜ナイトドラマ枠(毎週金曜 後11:15〜深0:15※一部地域で放送時間が異なる)に1年半ぶりに帰ってくることがわかった。松岡は「メイクを終えて鏡に写った自分に思わず『おかえり!』って言ってしまった(笑)。それくらい自分の中に三田園は染みついていた」とうれしそうに語っていた。

 松岡が演じる三田園は、無表情で何を考えているのかわからない上、女装している、なんとも不気味な男だが、女性が主に活躍する家政婦業界において、掃除・洗濯・料理・子守などの家事全般を完璧にこなしてしまう“スーパー家政夫”。しかも派遣先の家族が隠している“秘密”に気付いてしまうと、それを暴きたくなってしまう性分で、誰にも気付かれず、自分の手も汚さず罠を張り巡らせて、依頼人の化けの皮をはがしていく。それが、結果的に家族の再生を促すきっかけにもなるシュールな展開。2016年10月期の放送時、松岡の女装という衝撃的なビジュアルも相まって、市原悦子米倉涼子が主演してきた家政婦ドラマに新風を吹き込んだ。

 新シリーズは、消息不明だった三田園がある日突然、戻ってくるところからスタート。空白の期間、三田園にはいったい何が起きていたのか。そして、どんな家庭に? そしてどんな家事スキルが登場するのか!? 性格には“難アリ”の三田園だが、家事の技は文句ナシのプロ級。すぐに実践できる家事の技も紹介していく。

 松岡は「1年半前にこの作品と出会い、キャラクターを作り上げていく段階で妙な手応えがあったんです。僕たちが子どもの頃に見ていたような、“面白いテレビ”“むちゃくちゃな設定でも面白いドラマ”がやりたい、っていう思いが形になったのが『家政夫のミタゾノ』でした。それをまたこうやってやらせていただけるのは、役者冥利につきますね」と振り返った。

 「面白いと思ったことはなんでもやりますよ! なんでも来い!」と、意気込む松岡。前回の反響はすさまじく、「ジャニーズ事務所の後輩たちや役者仲間、飲み仲間といった自分の身内だけでなく、街中でも…。オンエア中は、街で『松岡さん』じゃなくて『三田園さん』って声をかけられることが多かったんです。役名で声をかけられるなんて初めての経験だったので、あらためて『テレビってすごい影響力だな』って感じました」としみじみ、喜びを噛みしめていた。

オリコントピックス

メニューを閉じる