ドラマ&映画 カテゴリ

田中圭&吉田鋼太郎の“純愛”ドラマ、連ドラ化 林遣都も参戦

 俳優の田中圭が主演、相手役を吉田鋼太郎が演じる既成概念を超えた純愛ドラマが誕生する。テレビ朝日系土曜ナイトドラマ枠で放送される『おっさんずラブ』(4月スタート、毎週土曜 後11:15〜)は、2016年の年末深夜に単発ドラマとして放送され、ネット上でも話題を呼んだ“抱腹絶倒の胸キュン・コメディー”を連続ドラマ化するもの。田中と吉田のキャスティングはそのままに、新キャストとして林遣都を投入。恋愛ドラマという王道ジャンルに一石を投じる。

 『おっさんずラブ』は、女好きだけどモテない33歳のおっさんが突然、ピュアすぎる乙女心を隠し持つ“おっさん上司”と、同居している“イケメンでドSな後輩”から告白されることからスタートする新感覚の純愛ドラマ。“未曽有のモテ期”を迎えた主人公は、ぐいぐい迫ってくる男たちに恐れおののき全力で拒みながらも、いつしかピュアな男たちの存在が頭から離れなくなっていく。

 “常識”で考えたら、あり得ない。でも、その“常識”ってそもそも何? “人を好きになる”って…何!? 多くの人が普通だと思っている価値観を改めて問う。笑って泣いて、ときめいて…、気がついたら、男とか女とか…そんなちっぽけな既成概念を飛び越えて応援したくなる“ピュアな恋心”を面白切なく表現する。

 主人公・春田創一(田中)は、女子(特に巨乳ロリ)が大好きで結婚願望も強いというのに、まったくモテる気配のないダメ男。しかし、これまでまったくの恋愛対象圏外だった2人の“男”から、愛の壁ドン告白をされたことから、その心は激しく揺れ、どうしていいかわからないままに、日々翻弄されることに。

 春田に想いを寄せる男・その1が、上司の黒澤武蔵(吉田)。職場では仕事一筋、男気あふれる姿勢を見せ、男女共に人気の高い“理想の上司”だが、実はゲイ。春田に恋をしてしまった黒澤は30年連れ添った美人妻との離婚を決意し、女子顔負けの乙女な顔をガンガン覗かせながら、一途すぎて泣けるアタックを展開していく。

 その2、春田の後輩かつルームメイト・牧凌太(林)は、女子社員が放っておかないイケメンで高学歴の持ち主だが、実はゲイだった。黒澤が春田に迫ったことを知り、うっかり自分もカミングアウトしてしまう。

 想定外の“モテ男”を演じる田中は「単発ドラマのときに企画内容を聞いて、『こう来たか! めちゃくちゃ面白いな』と思いました。撮影も本当に楽しくて、現場で皆さんとも『続編を作れたらいいな』って話していたんですけど、まさか連続ドラマになるとは…! すごく驚くと同時に、心からうれしかったです」と連ドラ化を歓迎。「鋼太郎さんをヒロインに迎えるなんて、この作品のパワーがなければ実現しないことだと思います。こんなにもぜいたくなことはないですし、僕も全力で鋼太郎さん演じるヒロインを愛していきたいです!」と意気込む。

 コミカルとシリアスの線引きを絶妙なバランスで保つ繊細な演技でヒロインを演じる吉田は「ヒロイン役は初めてで(笑)、ドキドキして緊張もしていますが、最後まで立派にヒロインを務めたいと思います」と迷いは一切なし。「圭くんとは前回の『おっさんずラブ』が初共演でしたが、本当にお芝居が上手くて、しかも好青年で…! 人として大好きになったんですよ。これから連ドラの撮影を重ねるうちに、もっともっと好きになっていくはず。最終的にどれだけ圭くんのことを好きになるのか…自分でも怖くなるほど楽しみです(笑)」。

 田中とは初共演、吉田とは過去には親子役を演じたことがある林は「こういった関係性のドラマに参加できるなんて…すごくワクワクしています。過去に2回ぶつかる親子関係を演じた鋼太郎さんと、また違った形でバトルできるのが楽しみです。これから3ヶ月、圭さんに真剣に恋をして、鋼太郎さんと真剣に取り合いたいです!」と、宣戦布告。以前にも同性を好きになる役を演じたことがある林は「そのときにお話を伺った方々から、同性を好きな人かどうかは醸し出す空気ですぐわかると教えていただいたんです。今回もうわべだけの演技ではなく、そういった空気を全身にまとって臨みたいと思っています」と、準備万端だ。

オリコントピックス

メニューを閉じる