ドラマ&映画 カテゴリ

『宇宙家族ロビンソン』を新たに映像化 Netflixで4・13配信開始

 1960年代に人気を博した米ドラマ『宇宙家族ロビンソン』を新たに映像化したオリジナルドラマシリーズ『ロスト・イン・スペース』が、映像配信サービス「Netflix」で4月13日より世界同時配信される。

 舞台は、宇宙への入植が現実のものとなった30年後の未来。より良い宇宙での新しい生活を求めて旅立つロビンソン一家のアドベンチャーを描く。新天地を求めて旅立つ途中、宇宙船が突然軌道から外れる事態が発生し、一家は目的地からはるか遠く離れた見知らぬ危険な宇宙でサバイバルしなければならなくなる。果たして一家は力を合わせて生き抜くことができるのか。

 いまや、夢物語ではなくなりつつある宇宙への移民計画が描かれる同ドラマ。先日、配信開始に先駆けて、NASAが国際宇宙ステーション(ISS)のスタッフが観られるようにいち早く第1話をISSへ提供したことが大きな話題となった。

 予告映像では、家族を守り抜かなければならない父ジョン、子どもたちを気遣う優しい母モーリーン、見たことがない新しい世界へ憧れる姉のジュディとペニー、そして不安げな表情で振り返り、これで最後になるかもしれない地球を目に焼き付けようとする一家の最年少の弟ウィルたち、5人の家族の姿を紹介。個性豊かなロビンソン一家がこれから遭遇する未知のアドベンチャーに期待が膨らむ。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」

関連写真

  • 世界中に愛された名作SFアドベンチャー『宇宙家族ロビンソン』がNetflixで新たに映像化。『ロスト・イン・スペース』4月13日より世界同時配信
  • 不時着した思われる惑星の景色

オリコントピックス

メニューを閉じる