• ホーム
  • 芸能
  • “忍者”議員連盟が設立 最後の忍者・川上仁一氏も期待「世界に発信していけたら」

“忍者”議員連盟が設立 最後の忍者・川上仁一氏も期待「世界に発信していけたら」

 2020年の東京オリンピック・パラリンピックを見据えて、国内外に対して「忍者」による日本文化の啓蒙を行っていくことを目的とした『忍者 NINJA議員連盟』の設立記者発表会が22日、東京・衆議院第一議員会館で行われた。会長を務める衆議院議員の古屋圭司氏、加賀流忍術の伴家忍之伝を受け継ぐ武術家で、忍術研究家の「最後の忍者」川上仁一氏らが出席した。

【写真】その他の写真を見る


 議員連盟が立ち上がる前には、各地の知事や市町村長が連携し、観光振興や地域経済の活性化を目的とした日本忍者協議会が設立。忍者の学術研究や情報収集・情報発信を行っていきながら「忍者の日」制定や「忍者フェスティバル」などを実施していきながら、忍者を日本固有の文化資産としてのブランド化に努めてきた。

 この日の会見で、川上氏は「忍者の歴史」と題して講演を行い「時代ともに忍者のイメージが変わっていくことはいいことだと思いますが、本質は変わっていない」と力説。「忍術の忍は“堪忍の忍である”ということが江戸時代からも言い伝えられてきました。こうした歴史的な背景を知っていただきながら、日本文化としての忍者・忍術というものを世界中に発信していくことができればいいなと思っています」と呼びかけていた。

 会見では、伊賀忍者特殊軍団『阿修羅』による忍術実演も披露された。



関連写真

  • “忍者”議員連盟が設立 (C)ORICON NewS inc.
  • 忍術研究家の「最後の忍者」川上仁一氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 伊賀忍者特殊軍団『阿修羅』による実演 (C)ORICON NewS inc.
  • 伊賀忍者特殊軍団『阿修羅』による実演=『忍者 NINJA議員連盟』の設立記者発表会 (C)ORICON NewS inc.
  • 伊賀忍者特殊軍団『阿修羅』=『忍者 NINJA議員連盟』の設立記者発表会 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス