ドラマ&映画 カテゴリ

安田顕『正義のセ』で新人検事・吉高由里子とバディに 三浦翔平、広瀬アリスらも出演

 俳優の安田顕が、吉高由里子主演の4月スタート日本テレビ系連続ドラマ『正義のセ』(毎週水曜 後10:00)に出演することがわかった。安田は吉高演じる駆け出しの検事・竹村凜々子のバディとなり小言を言いながらもサポートにあたる検察事務官・相原勉を演じる。そのほかの追加キャストとして三浦翔平大杉漣生瀬勝久宮崎美子広瀬アリスらが発表された。

 同ドラマは阿川佐和子氏によるシリーズ小説『正義のセ』を実写化。仕事も恋もあきらめない凜々子の奮闘を描いた痛快ストーリーで、凜々子を取り巻く人々として先輩検事で港南支部のエース・大塚仁志に三浦、上司である支部長・梅宮譲に大杉、検事・徳永太一に塚地武雅、大塚を担当する事務官・木村秀樹に平埜生成

 凜々子の実家で豆腐屋を営む家族には、凜々子から事件のことなど的確な意見を言う妹・温子(はるこ)に広瀬、竹村家を支える母・芳子に宮崎、店主で凜々子の結婚問題を気にする父・浩市に生瀬が起用された。

 吉高と初共演となる安田はその印象について「自然体で柔らかく、その中に芯のある、感受性豊かなすてきな女優さんだなあと、拝見する度に感じておりました」と語り「今からもう、主人公・凜々子を演じる吉高さんのイメージが自然と浮かんできます。検察事務官として主人公に淡々と接する中で、特に面白いことをしていないところの面白味が醸し出せたらと思っております。凜々子に翻弄されつつ、正義と向き合っていく過程を、心地よい緊張感とともに、楽しんでいきます」と意気込む。

 また吉高とは「共通の友人」も多いという三浦も、同世代の“88年組”として「どんな凜々子を見られるか楽しみです」と期待。安田、三浦とともに同じく吉高とは初共演の広瀬は「家族団らんのシーンが多くなると思うので、ナチュラルに楽しくわちゃわちゃした家族になれるよう、また姉妹そろって愛されるように温子を演じたいと思います!」とコメント。

 吉高とは10年前に連ドラ共演した生瀬は当時を振り返り「この子は、これからきっと日本のドラマ界を牽引していく女優さんになるだろうと思いました。久しぶりの共演です。楽しみ」と心待ちにしている。

オリコントピックス

メニューを閉じる