ドラマ&映画 カテゴリ

朝ドラ初“ママさん”ヒロイン誕生の裏に芸能一家の後押し 安藤サクラ「強い言葉もらった」

 NHKは1月31日、2018年度後期の「連続テレビ小説」99作目『まんぷく』(月〜土 前8:00 総合ほか)のヒロイン・今井/立花福子役が安藤サクラ(31)に決まったことを発表した。史上初の“ママさん”ヒロインを生んだ裏には安藤が過ごす芸能一家だからこそ強い言葉があった。

【写真】その他の写真を見る


 安藤の父は俳優・映画監督の奥田瑛二、母はエッセイストの安藤和津。12年に結婚した夫も俳優の柄本佑で、柄本の父も俳優の柄本明、母は女優の角替和枝、弟は俳優の柄本時生という、まさに芸能一家だ。だが、朝ドラのオファーを受けても、すんなり決断とはいかなかった。

 理由は子どもの存在だ。大阪放送局制作のため、撮影のほとんどは大阪で行われる。昨年6月に第1子出産を発表したばかりの安藤にとって決して低くないハードルだった。それ故に同10月にオファーを受けても迷いに迷ったという。開口一番に「相当覚悟を決めて、やっときょう(この場に)立てた。ホントにいろんなことを考えて、たくさん時間をかけて悩んで、このオファーをお受けしました」と言ったところからもうかがえる。

 そんな安藤の背中を押したのは、他ならぬ家族の存在だ。オファーの日は、ちょうど現在放送中の朝ドラ『わろてんか』の放送が始まった日で「子どもを抱きながら、テレビを見ていた。すごく憧れていた朝ドラ。子どもを産んだし、これからこの世界にはご縁がなかったとしみじみ思っていた」という。それがまさかのオファー。「子どもを育てるのが第一。ものすごく悔しいなと思った」と断ることも視野に入れながら佑に相談した。「そしたら『できるかもしれないよ。考えてごらん』と言われた。ものすごく夫に背中を押された」。

 さらに家族にも相談。「夫の両親も私の父も役者という仕事をしているので、すごく話が早く…。みんな『なんでやらないの』って答えが返ってきた。義理の母には『やりなさい。やらないんだったら仕事辞めちゃいなさい』とすごく強い言葉をもらった。女優さんをやって、3人の子どもを育てた義理の母の意見は心強かった。少しやってみようかなとなった」と芸能一家だからこそ決断できたことを明かした。

 また、スタッフも万全のサポートを約束。大阪で子育てをしながら撮影を行う予定で安藤は「『まんぷく』のみなさまはホントにアットホームに迎えてくださった。私の娘を『みんなで育てましょう』と。すごく心に響いた。これは一緒に飛び込んでみるかという気持ちになった」と感謝した。そして「ちょうど働き方改革。ママにも優しい働き方になっております。愛情をたっぷり注いで、みんなにとって幸せな時間になれるように務めたい」と微笑んだ。

 オファーを受けてからの期間について「あまりにも、この4ヶ月が長かった」と苦笑。それでも冒険として一歩踏み出したことに後悔は全くないようだ。

 モデルとなるのは、日清食品創業者の安藤百福(あんどう・ももふく)氏と妻の仁子(まさこ)氏。戦前から高度経済成長時代にかけての大阪を懸命に生き抜く夫婦が、失敗してはどん底から立ち上がる“敗者復活戦”を何度も繰り返した末、「インスタントラーメン」の開発に成功する波乱万丈の物語を描く。脚本は大河ドラマ『龍馬伝』やフジテレビ系『ガリレオ』『HERO』シリーズを手掛けた福田靖氏が担当する。安藤は「福子というキャラクターは嫌なことがあっても、それを必ずいいエネルギーに変換させることができる人。私もそうでありたいと、いつも思っている。母になってから特に意識すること。それをドラマにも日常にも生かせたら」と誓っていた。

関連写真

  • 18年後期の朝ドラ『まんぷく』のヒロインに決定した安藤サクラ(C)ORICON NewS inc.
  • 朝ドラ史上初の“ママさん”ヒロイン!
  • 18年後期の朝ドラ『まんぷく』のヒロインに決定した安藤サクラ(C)ORICON NewS inc.
  • 「連続テレビ小説」99作目『まんぷく』のヒロインに決定した安藤サクラ (C)ORICON NewS inc.
  • 「連続テレビ小説」99作目『まんぷく』のヒロインに決定した安藤サクラ (C)ORICON NewS inc.
  • 「連続テレビ小説」99作目『まんぷく』のヒロイン発表会見 (C)ORICON NewS inc.
  • 「連続テレビ小説」99作目『まんぷく』のヒロイン発表会見に出席した制作統括の真鍋斎氏 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

メニューを閉じる