ドラマ&映画 カテゴリ

竹野内豊、テレ東ドラマ初主演で在京キー局制覇「とても光栄」

 俳優の竹野内豊が主演するテレビ東京系単発ドラマ『テレビ東京 春の開局記念ドラマミッドナイト・ジャーナル 消えた誘拐犯を追え!七年目の真実』が今春に放送されることがわかった。竹野内は同局ドラマに初主演となり、これで在京キー局放送ドラマの主演をすべて制覇することとなった。本城雅人『ミッドナイト・ジャーナル』(講談社文庫刊)を原作に、誤報を打ち、飛ばされるも7年越しで真実を追い求める新聞記者を竹野内が熱演する。

 世間を震撼させた連続誘拐殺人事件。犯人は捕まり、事件は解決したかに思えたが…まだ事件は終わっていなかった。世紀の大誤報、警察と新聞社の攻防、立ちはだかる組織の壁。様々な障害を乗り越え、今世紀最大の凶悪事件の「7年越しの真実」に挑もうとする事件記者たちの奮闘物語。竹野内が演じるのは家族も子どもも失った「仕事命」の不器用な新聞記者・関口豪太郎。新聞記者役もこれが初めてとなる。

 第38回吉川英治文学新人賞を受賞した本作は、元新聞記者である著者が新聞社のリアルな内幕を描いた社会派エンターテインメント作品。本城作品を映像化は今作が初めてとなる。7年越しで凶悪連続誘拐事件の犯人を追いつめる関口のほか、脇を固めるキャスト陣は後日発表される。

 初のテレ東主演に竹野内は「いつも、何かを考えさせられる挑戦的な作品を数多く創られている印象がありました。そこに私も参加させて頂けた事はとても光栄なことです」と感謝。「真実と偽りとが交錯する物語の中で、職務を全うする人、職務を越え、自分の歩む道を貫き通そうとする人、様々な人間の温度差が、個性豊かなキャストの方々で映し出されています。どうぞ最後までご覧ください」と自信を込めている。

オリコントピックス

メニューを閉じる