• ホーム
  • 芸能
  • 【紅白】視聴率、後半39.4% 2年連続40%超えならず

【紅白】視聴率、後半39.4% 2年連続40%超えならず

 昨年大みそかの『第68回NHK紅白歌合戦』の平均世帯視聴率が2日、ビデオリサーチより発表され、関東地区では前半(後7:15〜8:55)が35.8%(前回35.1%)、後半(後9:00〜11:45)が39.4%(前回40.2%)だったことがわかった。2年ぶりに40%台を回復した前回から2年連続での大台突破とはならなかった。関西地区では前半33.2%(前回34.0%)、後半39.6%(前回39.5%)。

 2020年の東京五輪に向け、16年の『第67回』から19年の『第70回』までは「夢を歌おう」をテーマにさまざまな世代の人たちの夢を「歌の力」で応援していく。司会は紅組が前年に続き2度目となる女優の有村架純、白組は単独では初となる二宮和也が担当。総合司会は初挑戦のウッチャンナンチャン内村光良、NHKの桑子真帆アナウンサーが務めた。

 今回は初の試みとして司会陣と出場46組の歌手が参加し、東京・渋谷の街を舞台に制作した「グランドオープニング」VTRで幕開け。トップバッターは白組がHey! Say! JUMP、紅組がLittle Glee Monsterと、ともに初出場のアーティストが務めた。大トリは初めてゆずが担当し「栄光の架橋」を熱唱。二宮率いる白組が3年ぶりに優勝を果たした。

 特別枠では、今年9月での引退を発表している安室奈美恵が14年ぶりにして“最後”の紅白で「Hero」を歌唱。パフォーマンス後には涙をみせ感動を呼んだ。また、同局のコント番組『LIFE!』の人気キャラクターもたびたび番組中に登場し、ネットをにぎわせていた。

▽近年の『紅白』世帯視聴率(関東地区)
『第67回』紅組:有村架純/白組:相葉雅紀 前半35.1% 後半40.2%
『第66回』紅組:綾瀬はるか/白組:嵐 前半34.8%、後半39.2%
『第65回』紅組:吉高由里子/白組:嵐 前半35.1%、後半42.2%
『第64回』紅組:綾瀬はるか/白組:嵐 前半36.9%、後半44.5%
『第63回』紅組:堀北真希/白組:嵐 前半33.2%、後半42.5



オリコントピックス