• ホーム
  • 芸能
  • アニメ『忍たま乱太郎』、宇宙科学番組とのコラボ第3弾大みそか放送

アニメ『忍たま乱太郎』、宇宙科学番組とのコラボ第3弾大みそか放送

 NHK・Eテレで放送中のアニメ『忍たま乱太郎』(月〜金 後6:10〜6:20)とBSプレミアムの宇宙科学番組『コズミックフロント☆NEXT』(毎週木曜 後10:00)のコラボ番組の第3弾が、大みそか(12月31日)にEテレで放送される。あの「忍たま」たちが、火星や宇宙の歴史を舞台にワクワクの大冒険を繰り広げる。

 「火星で大そうさく!の段」(後6:00〜6:25)と「138億年前へひとっ飛び!?の段」(後6:25〜6:50)の2本立て。

 「火星で大そうさく!の段」には、火星人・キュリ夫役で小山力也が声の出演。ある日の夕食で、しんべヱのお皿の上にのっていた「タコさんウィンナー」が逃げ出した!? すぐに乱太郎、きり丸、しんべヱに見つかると「私はタコじゃない、火星人だ。火星に帰りたい」と3人にうったえるのだった。そこで宇宙船や探査車に変身したアヒルさんボートで「タコさんウィンナー」の家族を探して火星を大冒険。巨大渓谷や青い夕焼けを楽しんでいると高さ2000メートルの巨大竜巻ダストデビルに巻き込まれる。

 「138億年前へひとっ飛び!?の段」には、創造の女神役で佐久間レイが声の出演。忍術のぬきうちテストを言い渡され、試験勉強に四苦八苦する乱太郎、きり丸、しんべヱ。あと1日あればなんとかなるのに、と「昨日に戻りたい」とため息をつく。そんな3人の目の前にあらわれたのは「創造の女神」を名のる、謎めいたおばあさん。あひるさんボートを「時空カラクリ船」に改良して昨日へと出発する。しかし、飛ばしすぎたせいで、なんと138億年前にまでひとっ飛びにさかのぼり、宇宙誕生の瞬間を目撃することになる。



関連写真

  • 2017年12月31日放送、NHK・Eテレのアニメ『忍たま乱太郎』で宇宙科学番組『コズミックフロント☆NEXT』とのコラボエピソード「火星で大そうさく!の段」火星人・キュリ夫(CV:小山力也)が登場(C)尼子騒兵衛/NHK・NEP
  • 2017年12月31日放送、NHK・Eテレのアニメ『忍たま乱太郎』で宇宙科学番組『コズミックフロント☆NEXT』とのコラボエピソード「138億年前へひとっ飛び!?の段」創造の女神(CV:佐久間レイ)が登場(C)尼子騒兵衛/NHK・NEP
  • NHK・Eテレのアニメ『忍たま乱太郎』で宇宙科学番組『コズミックフロント☆NEXT』とのコラボエピソード、2017年12月31日放送(C)尼子騒兵衛/NHK・NEP
タグ

オリコントピックス