• ホーム
  • 芸能
  • 東山紀之&松岡昌宏、後輩・知念侑李をイジりまくり 即興ダンスを無茶振り

東山紀之&松岡昌宏、後輩・知念侑李をイジりまくり 即興ダンスを無茶振り

 俳優で少年隊東山紀之TOKIO松岡昌宏Hey! Say! JUMP知念侑李が21日、都内で行われた来年1月7日放送のテレビ朝日系SPドラマ『必殺仕事人』プレミア試写会後の制作記者発表会見に出席した。

 写真撮影前に司会から舞台袖に移動をうながされると東山は「知念、しゃべっててもいいよ」と振って、松岡からも「話術を伸ばすんだ!」「プリンスホテルのボーイみたいな格好して」とイジられまくりの知念。しまいには東山に「今踊ればいいんじゃない? ちょっと踊って」と無茶振りされタジタジだったが、即興で「青春アミーゴ」の振りを披露してその場を切り抜けてみせた。

 4年前からシリーズに途中合流した知念は「毎回京都でグループから離れて修行だなという思いで頑張ってました」と胸の内を告白。それでも松岡は「入ってきたときから見かけによらず腹がすわってた。(以前、出演していた)大倉(忠義)の方がおどおどしてた」と笑いを誘いながら「スタッフのマスコットですから。やれ、おやつやなんやって…」と現場での愛されぶりに感心しきり。

 新春放送にちなみ来年の抱負を書にしたためる企画では知念が「伸」と一文字発表すれば、すかさず東山は「背を…?」とツッコミ。知念は「背はもう伸びないです。そこを今さら、夢見ても仕方ない」と諦めモードだったが「今年は世界体操のプレゼンターや映画単独初主演など新たなものに挑戦させていただいたので、それを来年伸ばしていただけたらと」と成長を誓っていた。

 今回は“必殺”復活が10周年となり、不動の名キャラクターで故・藤田まことさんが演じる中村主水の過去映像と東山の新撮映像を組み合わせたことで共演シーンが実現。また今年亡くなった女優・野際陽子さんも東山演じる渡辺小五郎の義母役を務めていることで「野際さん藤田さんの想いを引き継いでいかなくては」と気持ちを新たにしていた。

 この日は東山、松岡、知念がそろって“The SHIGOTONIN”として主題歌「鏡花水月」を500人の観客の前で生ライブで披露。3人とともに“仕事人”一味を演じる遠藤憲一は「アイドルだって忘れてた!」と目を輝かせて感想を語っていた。



オリコントピックス