• ホーム
  • 芸能
  • とろサーモン、苦節経てM-1王者に ラストイヤーで優勝に「漫才師としての宿命を感じた」

とろサーモン、苦節経てM-1王者に ラストイヤーで優勝に「漫才師としての宿命を感じた」

 「優勝はとろサーモン!」。コンビ名がコールされてトロフィーと賞金を受け取ると、2人の目にはキラリと光るものがあった。3日に行われた漫才日本一決定戦『M-1グランプリ2017』(ABC・テレビ朝日系)の出場資格ギリギリの15年目で最後の挑戦となった今回、初めて決勝の舞台に上がり、ラストチャンスで見事栄冠をつかんだ2人に、審査員の上沼恵美子渡辺正行も涙ながらに祝福した。

 ともに宮崎県出身、ボケの久保田かずのぶ(38)とツッコミ・村田秀亮(38)による「とろサーモン」は2002年に結成したが、長い間、苦節を味わってきた。村田が「東京に来て本当に仕事がなくて、毎日家のフローリングでよつん這いになって、長渕剛さんの『東京』を聞きながら40分間泣き続けて、そのあとに寝るっていう感じだった」と振り返ると、久保田も「落ちるならとことん落ちようと思って、キャバ嬢の犬の散歩をしたり、社長の靴磨いたりとか…そういうのがよぎりますね」と優勝の会見でかみしめるように話した。

 2003年の『M-1』から出場を続け、実力は評価されながらも毎年苦杯をなめてきた。久保田は「どこかでずっと『M-1』を憎みながら生きて漫才をしていた部分がありまして、それを通してきたので、それをきょう回収できたっていうことが漫才師としての宿命を感じさせていただきました」と率直な思いを吐露。「今の気持ちを伝えたい人は?」と聞かれると「放送作家の樅野太紀(もみの・たいき)さん。『クソから花が咲くところを見てみたいからお前らに投資するわ』って言ってくれて、面倒を見てくれていたので…」と感謝を伝えた。

 村田が大阪NSC21期生、久保田が同校22期生とお互い1期違いだが、それぞれの同期はいち早くブレイクを果たしている。優勝の会見で、久保田が「汚ねえやつには汚れが集まってくる。南海キャンディーズの山里(亮太)、ダイアン津田(篤宏)、ネゴシックス、今は薬局に勤めている中山功太に喜びを伝えたいです」と話すと、村田も「僕の同期は天津とかレギュラーとか一発屋の人たちがいるんですが、その人たちも一生懸命頑張っていて、僕らのことを応援してくれたので、うれしい気持ちを伝えたい」と言葉に力を込めた。

 芸人仲間たちからもツイッターでの祝福が相次いだ。まずは、久保田の同期であるダイアン津田が「泣いてもうたやないかい!おめでとう!負けてられん!」とつぶやくと、先輩芸人の千鳥ノブも「とろサーモンおめでとう!とにかく漫才はいいよなぁ。。面白い人はいつかは必ず売れるて誰かが言ってたなぁ。ほんまやぁー」とツイート。東野幸治も「あらびき団地出身のとろサーモンM-1優勝おめでとう!年末のあらー1グランプリはそう簡単ではありませんよ。今日だけは優勝の美酒を味わってください」と呼びかけた。

 2人は早くも『M-1』王者恒例の「仕事パンパン」状態に。優勝が決まった瞬間からマネージャーの電話が鳴り止まず、優勝会見ではMCから「お2人の仕事が秒刻みになっているということで」とのアナウンスがあるほどだったが、久保田が力強く叫んだ。「秒刻みで仕事が入ってもらっても、15年培った貧乏という体力があるので!」。芸歴15年にして旬を迎えたとろサーモン。脂が乗り切った彼らの快進撃がこれから始まる。

 ファイナルステージはジャルジャルかまいたちカミナリマヂカルラブリー、ミキ、さや香、とろサーモン、和牛、ゆにばーす、敗者復活戦から勝ち上がったスーパーマラドーナの10組が出場。ファーストラウンドは、高得点順に和牛(653点)、ミキ(650点)、とろサーモン(645点)の3組がファイナルラウンドに駒を進め、最終的にとろサーモンが4票、和牛が3票という僅差で王者が決まった。

 同大会は「日本一の漫才師を決める大会」として2001年にスタート。2010年の第10回開催で一旦終了し、一昨年5年ぶりに復活した。司会はお笑いタレントの今田耕司と女優の上戸彩が担当し、審査員はオール巨人松本人志、上沼恵美子、中川家礼二博多大吉春風亭小朝、渡辺正行の7人が務めた。

■M-1グランプリ 優勝者一覧【参加組数】
2001年度 中川家【1603】
2002年度 ますだおかだ【1756】
2003年度 フットボールアワー【1906】
2004年度 アンタッチャブル【2617】
2005年度 ブラックマヨネーズ【3378】
2006年度 チュートリアル【3922】
2007年度 サンドウィッチマン【4239】
2008年度 NON STYLE【4489】
2009年度 パンクブーブー【4629】
2010年度 笑い飯【4835】
2015年度 トレンディエンジェル【3472】
2016年度 銀シャリ【3503】
2017年度 とろサーモン【4094】



オリコントピックス