• ホーム
  • 芸能
  • 内野聖陽、7年越しの企画が実現「見応えのあるドラマになった」

内野聖陽、7年越しの企画が実現「見応えのあるドラマになった」

 俳優の内野聖陽が主演するテレビ朝日系ドラマスペシャル『ヘヤチョウ』が12月17日(後9:00)に放送される。『臨場』、『ゴンゾウ』(ともに同局)といった刑事ドラマで個性的な主人公を演じ、高い評価を受けてきた内野が、自らドラマ化を望んだ企画が7年越しで実現。「一つ一つのシーンをこれでもか、というぐらいこだわって撮影させていただきました」と語る、渾身(こんしん)の一作となっている。

【写真】その他の写真を見る


 原作は、警視庁捜査一課に勤務、退職後は刑事・警察作品の企画協力、原案提供、演技指導などを行う一方、小説などの執筆も手がけた故・飯田裕久さんの小説『地取り』、『検挙票』。この2作を大河ドラマ『八重の桜』、『相棒』などの山本むつみ氏が脚色。内野は、過去に飯田氏が警察監修を担当するドラマに出演し、俳優として飯田氏を信頼、心酔してきた。しかし、2010年に飯田さんが急逝。内野主演で飯田さんの作品をドラマ化する企画が立ち上がったものの、内野が主人公を演じる年齢ではないという意向もあり、見送りになった経緯がある。

 内野演じる主人公の釜本宣彦(かまもと・のぶひこ)は、誰もが認めるやり手刑事。その手法は古くさく武骨だが、着実に成果をあげ、上司からも信頼を得ていた。ところが、時間も忘れて捜査に熱中するあまり、親友の同僚刑事の相談に乗ることができず、彼は自殺。さらに家庭をも顧みなかったがために、寝たきりの父の面倒を長年みてきた妻にも愛想をつかされてしまう。

 刑事として犯人逮捕を第一に考え、行動してきたおかげで、人間としての心を失ってしまったのではないか。釜本は初めてと言っていい“人生の壁”にぶち当たり、苦悩する。そんな釜本の前に現れたのが、警察官として認められたいともがく新人女性刑事・辻本美紀。かつて釜本が世話になった先輩刑事の娘で、彼女なりの悩みに接した釜本は、人間として自らの悩みと重ね合わせ、事件捜査に奔走しながらも人間的にも成長していく、というストーリー。

 撮影について内野は「飯田裕久さんの原作には刑事の世界について細かく描かれていて、我々の知らない刑事の生き様が描かれています。スーパーマン的なキャラクターが出てくるようなストーリーではないので、僕も釜本の苦しみ、葛藤、弱さ、そういうものがにじみ出るような演技ができたら、と思いつつ演じさせていただきました」と、充実ぶりをアピール。

 「単なる刑事ドラマとしてではなく、働く男性、女性なら『あーわかるな、切実だな』と、感じていただける部分がたくさん含まれた作品だと思います。刑事も一介の人間に過ぎない、そういうものが感じられる、見応えのあるドラマになっていると思います」と、自信をのぞかせた。

 共演は、美紀役に武田梨奈、釜本の理解者でもある上司・15係係長の沼尻役に平田満、釜本と敵対する東中野署署長・吉沢役に吹越満、釜本の妻・幸江役に奥貫薫、寝たきりとなった釜本の父・和彦役に石橋蓮司らが名を連ねている。



関連写真

  • 内野聖陽が主演するテレビ朝日系ドラマスペシャル『ヘヤチョウ』12月17日放送(C)テレビ朝日
  • 新人刑事役で武田梨奈が出演(C)テレビ朝日
  • 釜本と敵対する東中野署署長・吉沢を演じる吹越満(C)テレビ朝日
  • 内野聖陽が主演するテレビ朝日系ドラマスペシャル『ヘヤチョウ』12月17日放送(C)テレビ朝日

オリコントピックス