• ホーム
  • 映画
  • 長澤まさみ、高橋一生の腕の中で眠る 『嘘を愛する女』新ビジュアル解禁

長澤まさみ、高橋一生の腕の中で眠る 『嘘を愛する女』新ビジュアル解禁

 女優の長澤まさみ、俳優の高橋一生が共演する映画『嘘を愛する女』(中江和仁監督 2018年1月20日公開)の新ビジュアルが16日、解禁された。恋人を演じた2人の関係を凝縮させたように、甘くも不安定な空気感を写している。

 同作は、新たな才能の発掘を目指し2015年に開催された『TSUTAYA CREATORS’PROGRAM FILM2015』で、応募総数474本の中から初代グランプリを勝ち取った企画を映像化。食品メーカーに勤めるキャリアウーマン・川原由加利(長澤)は、ある日、同せい5年目を迎える恋人・小出桔平(高橋)の素性が全て嘘だったと知る。

 CMでの共演が記憶に新しい長澤と高橋だが、映画での共演は『世界の中心で、愛をさけぶ』(2004年)以来。そのほかDAIGO川栄李奈黒木瞳吉田鋼太郎らが出演している。

 プロモーションのために撮り下ろしされた新ビジュアルは、劇中さながら、長澤が高橋の腕に抱かれて眠る姿を収め、本物の恋人同士かのような1枚。長澤は、同作に寄せて「桔平と由加利の関係は、私自身の感覚にないものでした」とコメント。数々の難役を演じてきた高橋も「(桔平とは)常にシンクロしていた感覚で、いつも役柄の内的な感情と向き合い、苦しさを感じていました」と振り返っている。

 新ビジュアルは全長3.6メートル・高さ1.8メートルの特大バナーとして、23日より全国の劇場(※一部劇場除く)で順次掲出される。

■キャストコメント

長澤まさみ
桔平と由加利の関係は、私自身の感覚にないものでした。(由加利のように)強くて、わがまま放題に自分の気持ちを相手にぶつけ、それでも好きでいてくれるのか。そんな彼女の事を本当に彼は好きなのかなと。彼女を演じることで強い女性の魅力、そして、今の時代の男女の関係の変化を感じました。これからは男性のように強くなることは女性にとって良いことなのかもしれない。だけど、強がらなくてもいいということを、この映画をご覧になった女性の皆さんに感じてもらいたいです。

高橋一生
桔平はすべてが謎に包まれている設定なので、ベールをどこまでかけておいたらいいのか、どこまで見せていいのか、その加減の調整を常に考えていました。(桔平とは)常にシンクロしていた感覚で、いつも役柄の内的な感情と向き合い、苦しさを感じていました。人に対する愛や想いがどこにたどり着くのか、ぜひ楽しんでいただければと思います。



オリコントピックス