• ホーム
  • 芸能
  • 石坂浩二、『やすらぎの郷』で“ドラマ賞”を初受賞〜質の高いドラマを表彰「コンフィデンス」ドラマ賞

石坂浩二、『やすらぎの郷』で“ドラマ賞”を初受賞〜質の高いドラマを表彰「コンフィデンス」ドラマ賞

 オリコンのグループ会社・oricon ME発行のエンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』が主催し、有識者と視聴者が共に支持する質の高いドラマを表彰する「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」が、第9回の結果を発表。17年7月期の主なドラマ及び、4月から半年にわたって放送された朝、昼の帯ドラマなど、全33作品が対象となった今回、「主演男優賞」は、平日昼の帯ドラマ『やすらぎの郷』(テレビ朝日系)で半年にわたり主演を務めた石坂浩二が受賞した。なお、石坂は76歳にしてこのような“ドラマ賞”を初受賞。同ドラマ賞においては、最年長での獲得となった。

 同作は、テレビの全盛期を支えた俳優、スタッフなど関係者のみが入居できる老人ホーム「やすらぎの郷 La Strada」を舞台とした人生賛歌。脚本家・倉本聰氏が、現在のテレビ業界や社会問題、世間に対する皮肉や批判を織り交ぜながら、生きること、年を重ねる面白さを喜劇として描いた作品で、石坂が演じたのは、かつての名シナリオライター・菊村栄役。時に辛辣なストーリーが展開されるなか、ウィットに富んだ演技で、座長として確かな存在感を発揮し、特に審査員から高い評価を得た。なお、受賞のコメントは以下の通り。

■主演男優賞:石坂浩二

 このような賞をいただいたことがないので、本当に嬉しいです。倉本(聰)先生の台本は、お話をいただいた時には全130話が完成していて、全巻が一気に届きました。本というのはさっと読んでしまうとその印象が残ってしまうので、慎重に2日間かけて読み、さらに何度も読み返しながら、先生がどんな思いでお書きになったのか、この素晴らしい内容を絶対に失敗させてはいけないなど、いろんなことを考えました。撮影に入る前は、その責任の重さから大変なことを始めてしまったという気持ちも正直ありましたが、何度も一緒に芝居をした仲間に助けられながら無事に終えることができました。この受賞はあくまでも、これからも頑張れという意味で受け止めておりますし、月並みな表現ですが、みんなの賞だと思っています。ありがとうございました。

【第9回「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」結果一覧】
作品賞:連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK)
主演男優賞:石坂浩二(帯ドラマ劇場『やすらぎの郷』/テレビ朝日系)
主演女優賞:高畑充希(『過保護のカホコ』/日本テレビ系)
助演男優賞:竹内涼真(『過保護のカホコ』/日本テレビ系)
助演女優賞:和久井映見(連続テレビ小説『ひよっこ』/NHK)
脚本賞:岡田惠和氏(連続テレビ小説『ひよっこ』/NHK)
新人賞:永野芽郁(『僕たちがやりました』/ 関西テレビ・フジテレビ系)

対象作品・俳優は、NHK総合&民法キー局の国内制作で、3話以上・そのクール内に終了する作品(シリーズ作品も含む)のほか、NHKの連続テレビ小説等の帯ドラマ、2クールにわたりオンエアされる作品(放送終了タイミングに審査対象となる)。オリコングループの調査システム「オリコンモニターリサーチ」の登録者を対象にしたドラマ満足度「オリコンドラマバリュー」の結果と、ドラマに関する有識者及びマスコミのドラマ・テレビ担当者を審査員とした、10月4日の審査会で各賞を決定した。(主要となる「作品賞」、「主演男優・女優賞」の3部門以外は、審査員投票によって決定)

※「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」とは、オリコンのグループ会社oriconMEが発行する、週刊エンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』が主催し、有識者と視聴者が共に支持する「質の高いドラマ」を表彰する賞。視聴者の評価は、『コンフィデンス』が毎週、約700名を対象に調査しているドラマ満足度調査「オリコンドラマバリュー」の累積平均データを使用。審査員の投票結果と合計したうえで、最終的には有識者20名による審査会で決定する。



関連写真

  • 『やすらぎの郷』(テレビ朝日系)での演技が、視聴者、審査員双方から高評価を集めた石坂浩二(左)
  • (撮影:草刈雅之)

提供元:CONFIDENCE

【最新号】コンフィデンス 2017年10月30日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2017年10月30日号

<COVER STORY>
松本隆氏(作詞家/音楽プロデューサー)
「良いものさえ作れば、媒体は何であっても残っていく」

<SPECIAL ISSUE>
17年7月期の“質の高いドラマ”を表彰
第9回「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」発表

お問い合わせ

オリコントピックス