• ホーム
  • 映画
  • 森川葵、“金髪ボブ姿”再び デートに張り切り過ぎてイメチェン

森川葵、“金髪ボブ姿”再び デートに張り切り過ぎてイメチェン

 ムサヲ氏の漫画を実写化した映画『恋と嘘』(公開中)より、主演を務めた森川葵の場面写真が21日、ORICON NEWSに到着した。MBS・TBS系連続ドラマ『監獄学園 プリズンスクール』で演じた緑川花役を彷彿とさせる、金髪ボブヘアーを披露している。

 同作の舞台は、出生率の劇的な低下を食い止めるために「超・少子化対策法」という法律が制定され、遺伝子情報などを基に政府が最良のパートナーを知らせる<政府通知>が満16歳になる日に届けられる、遠くない未来の日本。

 人よりちょっと優柔不断で政府通知を心待ちにする女子高生・仁坂葵を森川、密かに葵に想いを寄せる幼なじみ・司馬優翔を北村匠海、葵の政府通知の相手・高千穂蒼佑を佐藤寛太が演じている。

 森川は、2010年『Seventeen』オーディションでグランプリに選ばれモデルデビュー、『Love ToRAIN(ラブトレイン)』(12年)でスクリーンデビューを果たした。『渇き』(14)、『おんなのこきらい』(15年)など、役柄ごとにガラリと変わる演技と共に、清純な黒髪ロングヘアーからショートカットや金髪、ベリーショートのピンク頭など、まったく違う髪型も話題に。菅田将暉と共演した『チョコリエッタ』(14年)で披露した丸刈りは、とりわけ注目を集めた。

 今回公開された場面写真は、高千穂とのデートに張り切りすぎた葵が、黒髪ロングヘアーの普通の女子高生姿から一転し、金髪ボブ姿を披露したシーン。普段は白のワンピースなどふわっとしたかわいらしい格好を好む葵だが、ここでは真っ赤なトップスに、青のスカート、黒いファーのコート、大きめのネックレスとド派手な衣服を身にまとっている。いつもそっけない態度の高千穂とのデートを成功させるため、張り切って思わぬイメチェンを敢行した葵。身も心も一新して挑んだデートの行方は、果たして。



関連写真

  • 映画『恋と嘘』で金髪ボブになった姿を披露している森川葵 (C)2017「恋と嘘」製作委員会(C)ムサヲ/講談社
  • 普段は黒髪ロングヘアー(C)2017「恋と嘘」製作委員会(C)ムサヲ/講談社

オリコントピックス