• ホーム
  • 音楽
  • 菅田将暉×米津玄師『ANN』で初対談「ものすごく熱い人」「意識せざるを得ない人」

菅田将暉×米津玄師『ANN』で初対談「ものすごく熱い人」「意識せざるを得ない人」

 俳優で歌手の菅田将暉のレギュラーラジオ『菅田将暉のオールナイトニッポン』(毎週月曜 深1:00 ニッポン放送)の16日放送回に、シンガー・ソングライターの米津玄師がゲスト出演した。米津のニューアルバムに収録される2人のコラボ曲「灰色と青(+菅田将暉)」が、YouTubeで公開後24時間以内に100万再生を突破した話題の2人の初対談とあり、SNSをにぎわせた。

【写真】その他の写真を見る


 ラジオではまず、お互いの第一印象を明かし、菅田は米津のことを「低温で、クールなイメージだったが、実際に会ってみるとものすごく熱い人だった」と言い、米津は菅田のことを「ビビッドな魅力があり、自分の人生にたびたび登場してくる、意識せざるを得ない人だった」と語った。

 両者のコラボは米津からのラブコールで実現したが、菅田が「俺でよかったの?」と問いかけると、米津は「菅田くんじゃないと絶対ダメだなと思ったの」ときっぱり。「映画『キッズ・リターン』が好きで、そういう音楽をどっかで作りたいとずっと思ってて、それはどこなんだろう、いつなんだろう、どういう形なんだろう、とずっと考えていた。それが、菅田将暉という、俳優でありながら、どっかで自分と共通するものがあるような気がして頭から離れない存在。2017年夏から秋に移り変わる曖昧な時期。奇跡的なタイミングの、奇跡的にいろんなものが重なった結晶みたいな曲になった」と手応えをにじませた。

 レコーディングスタジオでは2人で試しに歌ってみたという未公開のテイクもあるとの秘話も。番組しか聴けないトークで盛り上がり、米津は出演予定時刻を大幅に過ぎても語りあうほど濃厚で貴重な放送となった。

 「灰色と青(+菅田将暉)」は現在、配信中。同曲が収録された米津玄師の最新アルバム『BOOTLEG』は11月1日に発売される。



関連写真

  • 『菅田将暉のオールナイトニッポン』に米津玄師がゲスト出演
  • 暑く語り合った菅田将暉×米津玄師
  • 菅田将暉(左)と米津玄師が強力タッグ Photo by 中野敬久
  • 米津玄師のニューアルバム『BOOTLEG』収録楽曲一覧

オリコントピックス