• ホーム
  • 芸能
  • 櫻井翔主演『先に生まれただけの僕』初回10.1%

櫻井翔主演『先に生まれただけの僕』初回10.1%

 人気グループ・櫻井翔が主演する日本テレビ系連続ドラマ『先に生まれただけの僕』(毎週土曜 後10:00)第1話が14日に放送され、初回平均視聴率が10.1%だったことがわかった。(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

 同ドラマは とくにスポーツが優れているわけでもない、定員割れギリギリの私立京命館高校を舞台に元エリート商社マン・鳴海涼介(櫻井)が会社の辞令で私立高校の“校長”に就任。教育現場をまったく知らないまま突然の「校長」という立場と、これまでのビジネスの常識とはかけ離れた「学校」という現場の実態に困惑しながら、出向先での一職務ではなく学校のリーダーとしての“理想の校長”になるべく学校改革に乗り出していく。

 第1話では総合商社・樫松物産に勤める鳴海(櫻井)は、抜群の営業力で青森にある子会社の赤字経営を立て直していた。ある日、彼は、東京に戻ってくるようにと上司に命じられると次の役職はなんと、高校の『校長』。いわば左遷であった。会社が経営する私立京明館高校が毎年赤字で、鳴海はその京明館高校の経営再建を任された。サラリーマンという立場上、会社の決定に従う鳴海はさっそく副校長の柏木文夫(風間杜夫)とともに、教員たちと面談するが、彼らは誰ひとり危機感を持っていない。しかも、真柴ちひろ(蒼井優)をはじめとした教員たちは、教育の現場を全く知らない鳴海に不信感を抱いてしまう。



オリコントピックス