• ホーム
  • 芸能
  • 真矢ミキ、連ドラ主演&『ビビット』MC両立に充実感「肉体的にはキツイですけど」

真矢ミキ、連ドラ主演&『ビビット』MC両立に充実感「肉体的にはキツイですけど」

 女優の真矢ミキ(53)が4日、都内で行われた東海テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『さくらの親子丼』(7日スタート 毎週土曜 後11:40)制作発表会見に出席。同局の連ドラに初主演を果たす真矢だが、TBS系『ビビット』(月〜金 後8:00)でのMC業との両立に「朝の情報番組と昼からはドラマ(の撮影)ということで肉体的にはキツイですけど、この秋は自分にとって充実した走りになっております」と声を弾ませた。

【写真】その他の写真を見る


 同作は『空腹の人に無料で親子丼を食べさせてくれる』といううわさが都市伝説のように広まる古本屋の店主・九十九さくら(真矢)が、行き場を失いお腹を空かせた人々に親子丼を振る舞い、彼らの抱える問題に向き合っていくオリジナルストーリー。劇中で「おばさん」「ババア」呼びされるシーンがあるという真矢は「そんな風に呼ばれたことがなかったのですが、今回はその嵐で…だんだん流されてきて、こうやって大人になるのだなと思いました」と笑わせた。

 先月18日放送の『ビビット』で、真矢は「高等学校卒業程度認定試験」を5教科受験し、合格したことを明かしていたが「試験勉強中は、勉強に浸かって、その合間に情報番組に出ていくっていう感覚でした。自分からやり始めたのに、授業中に『どうせ、受からないんですよ』って逆ギレしたこともありました」と回想。多忙な中での勉強が、本業にも活きているといい「セリフの暗記が早くなりました。あとは、情報番組とかも時事問題の基を日本史とかで習っているので、そこは助かっています」と力説していた。

 会見にはそのほか、吉本実憂(20)、本仮屋ユイカ(30)も出席した。



関連写真

  • 連ドラ主演&『ビビット』MCを両立している真矢ミキ (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『さくらの親子丼』制作発表会見に出席した(左から)本仮屋ユイカ、真矢ミキ、吉本実憂 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『さくらの親子丼』制作発表会見に出席した(左から)本仮屋ユイカ、真矢ミキ、吉本実憂 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『さくらの親子丼』制作発表会見に出席した吉本実憂 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『さくらの親子丼』制作発表会見に出席した本仮屋ユイカ (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス