• ホーム
  • 芸能
  • オカダ・カズチカ、声優オファー“本人役のみ”に自虐「次はオカダ・カズチカ以外を…」

オカダ・カズチカ、声優オファー“本人役のみ”に自虐「次はオカダ・カズチカ以外を…」

 新日本プロレスのオカダ・カズチカが21日、都内で行われたDCコミックスのヒーロー、ジャスティス・リーグと低予算フラッシュアニメ「鷹の爪」がコラボレーションした新作映画『DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団』完成報告会見に出席。同作で本人役の声優として参加しているが「オカダ・カズチカのインタビューシーンとかたくさん見て勉強したんですけど、本人なので何の問題もなかったです」と笑わせた。

【写真】その他の写真を見る


 オファーを受けた当初の心境について「最初は僕も(山田孝之が演じる)バットマンの声優かなと思っていました。本人役で安心しました。僕はプロレスラーなので…」とにっこり。「声優業や役者業への興味は?」と聞かれると「声優の仕事は何回かさせてもらっているんですけど、すべてオカダ・カズチカ役なので、次はオカダ・カズチカ役以外をやらせてもらえたら…」と自虐を交えてアピールしていた。

 「鷹の爪」劇場版第9弾となる本作は、スーパーマン、バッドマンなど世界的に有名なキャラクターを抱えるDCエンターテイメントとの超格差コラボが実現。ジャスティス・リーグに所属するスーパーマン、バッドマン、ワンダーウーマン、フラッシュ、アクアマン、サイボーグの6人に加え、悪役としてジョーカー、ペンギン、ハーレイ・クインが登場する。

 会見にはそのほか、山田孝之、知英、男女2人組ロックユニット・GLIM SPANKY、ベーシストのKenKen、ラッパーのDOTAMA、バト田とスパ田の着ぐるみも出席。同作は、10月21日より公開される。



関連写真

  • 映画『DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団』完成報告会見に出席したオカダ・カズチカ (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)スパ田、DOTAMA、FROGMAN監督、知英、山田孝之、オカダ・カズチカ、GLIM SPANKY、バト田 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団』完成報告会見に出席した山田孝之 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団』完成報告会見に出席した知英 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団』完成報告会見に出席したFROGMAN監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団』完成報告会見に出席したGLIM SPANKYの(左から)松尾レミ、亀本寛貴 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス