• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • 小池徹平「歩んできた道は間違っていなかった」 『菊田一夫演劇賞』受賞に喜び

小池徹平「歩んできた道は間違っていなかった」 『菊田一夫演劇賞』受賞に喜び

 俳優の小池徹平が、優れた芸術家らを表彰する『第42回 菊田一夫演劇賞』の演劇賞を受賞し28日、都内で行われた授賞式に出席した。スピーチで「演劇の賞には無縁の役者だったので、感謝の気持ちでいっぱいです」と喜びを語り、今までを振り返りながら「歩んできた道は間違っていなかったと、この賞が背中を押してくれた」と胸を張った。

【写真】その他の写真を見る


小池は、『1789〜バスティーユの恋人たち〜』のロナン役、『キンキーブーツ』のチャーリー・プライス役が評価され、同賞を受賞。ミュージカルとの出合いについて「もともと役者と歌手をやっていたけれど、なかなか難しいと思うこともたくさんあって、遠回りしたり悩んだ時期もあった」と回顧。これまでの道のりが「近道だったのかはまだわかりませんが、歩んできた道は間違っていなかった。たくさんの人に感謝を伝えたいけれど言葉では限界があるので、これからの自分の役者としての活動で恩返ししたい」と力を込めた。

 元相方・ウエンツ瑛士には直接受賞を知らせていないと明かし、「受賞したこと知っているんですかね」と苦笑。「前までは一番そばにいて家族みたいでしたが、今は身近で見られなかった姿を見ることができて、いい関係性です」と笑顔で話していた。

 そのほか、大賞を麻実れい(『8月の家族たち August:Osage County』のバイオレット役、『炎 アンサンディ』のナワル役)、演劇賞を中川晃教(『ジャージー・ボーイズ』のフランキー・ヴァリ役)、新橋耐子(『食いしん坊万歳!〜正岡子規青春狂詩曲〜』の八重役)、藤田俊太郎氏(『ジャージー・ボーイズ』『手紙2017』の演出)が獲得。また特別賞には舞台照明家の勝柴次朗氏(永年の舞台照明デザインにおける功績に対して)が選ばれた。

 麻実は「思いがけず大賞をいただけました。大きな2作品だったので、自分の責任が果たせたようでホッとしています」と喜びのコメント。賞金50万円の使いみちを聞かれた中川は、世界で活躍するという夢を明かし、「英語の勉強に使いたいです」と意気込んでいた。

関連写真

  • 『第42回 菊田一夫演劇賞』の演劇賞を受賞した小池徹平 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第42回 菊田一夫演劇賞』の大賞を受賞した麻実れい (C)ORICON NewS inc.
  • 『第42回 菊田一夫演劇賞』授賞式に出席した(左から)勝柴次朗氏、藤田俊太郎氏、新橋耐子、小池徹平、中川晃教、麻実れい (C)ORICON NewS inc.
  • 『第42回 菊田一夫演劇賞』の演劇賞を受賞した中川晃教 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第42回 菊田一夫演劇賞』の演劇賞を受賞した新橋耐子 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第42回 菊田一夫演劇賞』の演劇賞を受賞した藤田俊太郎氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第42回 菊田一夫演劇賞』の特別賞を受賞した勝柴次朗氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第42回 菊田一夫演劇賞』の演劇賞を受賞した小池徹平 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第42回 菊田一夫演劇賞』の演劇賞を受賞した中川晃教 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

ワンクリック投票

あなたの注目コスプレはどっち?
ワンクリック投票に参加する

 を検索